女性の身体

月経後の1週間、心身ともにつらいのですが…

生理に関する身体的・精神的症状で悩みをもつ人は多いもの。月経後の体調不良に悩む30代女性に看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

30代女性からの相談:「月経後の約1週間、精神状態や体調が悪くなります」

30代に入ってから月経後の約1週間、精神的に不安定になったり、歩いていられないほどの強い睡魔に襲われるようになりました。老化によるホルモンの乱れのせいでしょうか?生理痛は1~2日程度ですが、生理中は胃腸の消化機能が低下します。女性特有の症状なので放置でよいか、受診したほうがよいか迷っています。(30代女性)

女性ホルモンのバランスによって様々な症状がでます。

「女性ホルモンのバランスは生理の前後で大きく変わります。症状の出方は個人差が大きいです」と看護師さんが教えてくれました。また、ストレスやダイエットでもホルモンバランスが崩れるそうです。

月経前・中・後と女性の身体の中のホルモンは著しく変化します。その結果、精神的に辛くなったり、眠気や倦怠感、風邪などの症状、頭痛と個人差はありますが様々な症状が現れます。詳しい原因ははっきりしていない部分も多く、症状によるストレスが、より症状を重くしてしまうなど多くの原因が重なっているのだともいわれています。(産科・婦人科看護師)
30代に入ると女性ホルモンのエストロゲンの分泌がピークを迎えるため単に老化とは考えにくいのですが、ストレスやダイエットのためホルモンのバランスが崩れて生理が不順になったり、精神症状がでることがあります。一時的なものもあれば、若年性更年期障害の可能性もあります。(産科・婦人科看護師)
生理後に体調がすぐれない人は、体内から大量の血が排出されること、生理によって体力を使うこと、食欲の低下がある場合には、栄養も不足し、生理後の体調不良につながるといわれています。(産科・婦人科看護師)

女性特有の症状ではありますが症状がひどければ受診しましょう。

「婦人科を受診することで症状の改善が期待できます」と看護師さんは言っています。日常生活に支障をきたすほどの症状は受診したほうがよいとのことです。

歩いていられないなど日常生活に支障をきたすほどの状態なので、産婦人科を受診したほうがよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
年代別で症状の違いはありますが、「月経前症候群」(PMS)といって、生理前になると相談者の方のような症状が現れることがあります。月経後に症状が出現し、精神的にも不安定であれば、一度、産婦人科を受診されたほうがよいです。生理の周期や出血量、生理痛などできるだけ詳しく状態を伝えてください。(産科・婦人科看護師)
受診の前に基礎体温をつけ、気になる症状も一緒に記録し、産婦人科の医師にみてもらうと治療がスムーズにいきます。(産科・婦人科看護師)
漢方薬などの内服や、身体に合った対処法を見つけることで、症状の改善が期待できます。(産科・婦人科看護師)

女性特有の症状だからと我慢する必要はありません。生理に関する気になる症状で日常的につらい思いをしているなら、一度産婦人科を受診してみてはいかがでしょうか。


2014/11/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)