息抜き・小ネタ

2016/05/13

明日も暑い! 脱水症状に気を付けて!

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

明日も暑い! 脱水症状に気を付けて!

昨日も暑い一日でした。
今日も暑い日になりそうですが、そこで気を付けたいのが「紫外線」と「熱中症」。
今回は「熱中症」の代名詞とも言える『脱水症状』について見ていきましょう。
脱水症状はどうして起こるのでしょうか?
運動をすると体温が上昇し、体温を調整するために毛穴からは汗が出ます。
汗は水分なので、運動をして汗をかけばかくほど体内から蒸発し、
体内の水分量がどんどん少なくなってしまうわけです。
そうすると血液中の水分も減ってしまうために血液がドロドロになり、
筋肉や脳に十分な水を届けることができなくなります。
すると、脱水症状や熱中症の症状が現れてしまいます。
ここでは、熱中症や脱水症状を予防する水分補給について簡単に解説します。

熱中症の初期症状を見逃さないで

熱中症の症状は、突然耐えられないほどの症状が出ることもありますが、
多くの場合には軽い症状から始まり、時間とともにどんどんひどくなるのが一般的。
例えば、疲れやすくなって体がけいれんを起こしたり、のどが乾いたりする症状は
脱水症状や熱中症の初期症状。
意識していないと見落としてしまいそうな症状なのですが、放置してしまうと、
めまいを起こしたり吐き気、頭痛などの症状が現れます。
そのまま我慢してアクティビティを続けられる人は少ないのですが、こうした症状が起きた場合にはすぐに体を冷やして水分補給をし、屋外に入る場合には日陰に入るなどして体を安静にすることが必要です。 こうすることによって体内の水分量を上げることができればよいのですが、
場合によっては手遅れの状態という事もあり、その場合には意識を失ってしまい、
最悪の場合には死に至ることもあるためすぐに救急車で病院に行くようにしてください。

水分補給する際のポイントは?

こうした熱中症や脱水症状は、誰にでも起きる可能性がある症状です。
しかし、普段の生活や生活習慣の中で少し工夫をすることによって予防することもできます。
例えば普段の水分補給をする際には、清涼飲料水や炭酸飲料水での水分補給ではなく、
ミネラルウォーターで水分補給をするように心がけるだけでも、こうしたリスクを大幅に低下することができます。
水分補給のためにスポーツ飲料水を飲む人も多いのですが、
スポーツ飲料水には塩分が含まれているので注意しましょう。
スポーツをしている人なら汗と一緒に体内の塩分も排出されているので
スポーツ飲料で塩分補給をすることも大切なのですが、汗をかいていない場合に
スポーツ飲料を大量に摂取してしまうと、塩分の過剰摂取になってしまうこともあるので
気を付けてください。
水分補給をする時には、一度に大量に飲んでも尿として排出されてしまいます。
一度に飲む量は少なめにして、チビチビと頻繁に飲むような生活習慣を心がけると良いでしょう。
バッグにペットボトルを携帯しておき、少しずつ飲む方法もおすすめです。

執筆:Mocosuku編集部

【関連記事】
7月並みの気温も! 季節の変わり目に気をつけたい早めの 熱中症の対策
梅雨明け前後の「連続した晴天」に注意! 熱中症の重症化 しやすい条件とは
熱中症予防 !! 【南国の知恵】暑い日は連続で長時間行動しない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加