子供の病気・心と身体

2014/11/25

赤ちゃんが機嫌が悪いときにチェックしたい体の場所

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

赤ちゃんが機嫌が悪いときにチェックしたい体の場所

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。
私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

今日は、そんなママたちとのお話しや、自分自身の経験から、ぜひ世の中のママたちに、 知っておいてほしい「病気の可能性」について書きたいと思います。

もちろん、私自身は医師や看護師など、医療関係者ではありません。
ですので、あくまで経験論、なのですが・・・

赤ちゃんが見た目的に何の違和感もないのに、恐ろしく機嫌が悪いときに、
もしかして、と考えてみてほしい病気、があるんです。


それは、「中耳炎」です。

赤ちゃんの耳と鼻をつなぐ「耳管」という管は、大人に比べて短くて太く、
また水平に近いのだそうです。

鼻をうまくかめない赤ちゃんの鼻水が、耳のほうに流れていき、炎症が起こる。
そんなことが、良くあります。(もちろん、赤ちゃんによる個人差はあります)


でも、赤ちゃんは話せないので「耳が痛い」とは言えません。

親の立場としては、熱や咳、鼻水や嘔吐、下痢といった目に見える症状と違い、
耳の中、というのは良くわからないのです。

赤ちゃんが風邪を引いているときや風邪を引いた後など、


・見た目には特に変わったところがないのに、何となく機嫌が悪い
・良く泣く
・夜中に頻繁に起きる(泣く)

といったことがあれば、
ぜひ小児科のお医者様に、「耳」もチェックしてもらって下さいね^^




  • このエントリーをはてなブックマークに追加