女性の病気

2016/05/16

病気になる人とならない人、その違いはコレだった!?

この記事の監修/執筆

Mocosuku編集部

病気になる人とならない人、その違いはコレだった!?

同じ生活習慣をしているのに、病気になる人とならない人がいる。同じ物を食べても太る人と太らない人がいる。花粉症の症状が悪化している、これらはすべて、腸内フローラの影響なのでは?と、今、注目されています。

腸内フローラの正体

腸内にはたくさんの腸内菌がすみつき、その数は100種類以上、約100兆個、重さにすると約1kgにもなります。多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくりながら、腸内に壁面を作って生息しています。その様子を花畑(フローラ)にたとえて、「腸内フローラ」と呼んでいます。
腸内フローラに生息している腸内菌には、善玉菌と悪玉菌がいますが、これは3割程度。大部分は日和見菌が占めています。日和見菌は、善玉と悪玉の割合によって、善玉が増えれば善玉の働きをしますが、悪玉が増えれば悪玉の働きをするという性質をもちます。この腸内フローラの腸内菌バランスは生活習慣や年齢などによって異なります。

腸内フローラのバランスが崩れる原因と影響

加齢・ストレス・過労・偏った食生活・運動不足などでバランスは変わります。
健康な人の腸内では、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割がベストバランスと言われ、善玉菌が悪玉菌を抑える形で、腸内フローラが一定のバランスを保っています。 しかし、バランスが崩れて悪玉菌が増えると、全身にさまざまな影響を引き起こします。便秘、下痢など腸の不調はもちろんのこと、腸は免疫機能の約7割を担っているため、全身の不調やがん、糖尿病をはじめとする生活習慣病、花粉症などのアレルギー症状にも関係があることがわかっています。
また、最近注目されているのが、肥満との関連。腸内細菌の違いで、太りやすい場合と太りにくい場合があることがわかっています。普段は善玉菌の働きで、適度な量にコントロールされているカロリーの吸収が、悪玉菌が増えることで過剰になっているのではないか、と考えられています。

腸内フローラのセルフチェック

何といっても指標となるのは「うんち」です。毎日便が出ない人は要注意!実際に、太りやすい人と太りにくい人の生活習慣の違いは、朝食後のトイレタイムの有無でした。
便の60%以上は腸内細菌の死骸です。黄褐色や茶色でバナナ型、無臭で水に浮く便は、腸内環境がいい証拠。便の色や形、臭いをチェックして腸内の健康状態を知りましょう。

腸内環境をよくする食生活のポイントは?

(1)1日30品目を目標に、バランスよく食べる。
発酵食品や食物繊維をたくさん摂ることが思い浮かぶでしょうが、善玉菌はさまざまな栄養素を必要とします。できるだけたくさんの食品を摂ることが重要です。
1食で、主食類、肉や魚や卵などの主菜類、野菜やきのこや海藻などの副菜類、これを必ずそろえると十分な品数を摂ることができます。

(2)加工品や油ものは控えめに
加工品に含まれる添加物や油は悪玉菌を増やしたり、善玉菌を殺す原因になります。

(3)だらだら食いはしない
空き時間が少なく、腸内に食べ物が届くと、腸内細菌は絶えず働いていることになります。1日3食がちょうどいいタイミング。1日3食を基本に食事をしましょう。

<取材協力・監修プロフィール>
山本 ともよ(やまもと ともよ)
管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー 株式会社 とらうべ 社員。企業で働く人の食や糖尿病など疾病をもった人の健康指導など活動中

【関連記事】
カラダとココロの健康に関わる「 腸内の細菌バランス 」とは
えっ、知らなかった… プルーンの便秘解消効果 とは
お通じが良くなる食品 ! 穀物に含まれる水溶性食物繊維の重要性を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加