話題・時事ネタ

全ての子どもたちに学ぶ機会を!給付型奨学金創設を求めるネット署名キャンペーンが始まる

給付型奨学金の実現を!

給付型奨学金の実現を求める有志一同は5月9日、記者会見を開き、ネット署名キャンペーンを開始したことをアナウンスしました。

有志一同の世話人には、特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長の赤石千衣子、認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹氏、そしてNPO法人キッズドア理事長の渡辺由美子氏が名を連ねています。

財源はある!

有志一同は「6人に1人の子どもが貧困状態にある」、「経済格差が学力格差に結びついている」、「給付型奨学金という解決策が先進諸国にはあるが、日本では遅れている」と現状の問題点を指摘。

その上で「教育は経済成長をもたらす」ことに加え、「休眠預金を活用すれば財源はある」から、「全ての子どもたちに学ぶ機会を与えるために給付型奨学金制度の導入を!」と求めています。

ツイッター上の反応は・・・

コロコロ(@aayn4_4)さんは「教育に掛かる費用を見直すか、奨学金の種類を増やすしかない」と賛同します。

田中俊英(@tanakatosihide)さんも「大賛成」。

一方、霞色(@kasumi_iro)さんは「こうした動きが預金口座の解約を招く」と苦言を呈します。

また、suizou(@suizou)さんは「教育を後退させる」「全く理解できない」と反対します。

参考サイト

「ママを困らせたくないから、勉強したいけど、私働く」をなくしたい。給付型奨学金の創設を!


2016/05/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部