話題・時事ネタ

2016/05/16

2020年までに全小中高に無線LANと電子教科書を導入。総務省

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

2020年までに全小中高に無線LANと電子教科書を導入。総務省

学校での無線LAN普及に本腰

総務省は2020年までに全国の小中高に無線LAN「Wi-Fi」を導入する方針であることが明らかになりました。同時に電子教科書の普及も併せて行い、導入費用の半分を補助する予定です。

現在、無線LANを利用できる小・中・高の教室は全体の24%に留まっています。総務省は2019年度までの3年間で合計100億円の予算を確保する予定でいます。

ツイッター上の反応は・・・

落合洋司(オンラインチャット相談対応可)(@yjochi)は「遅いがやらないよりはマシ」と評価。

Naoki Asakawa / 浅川直輝(@nasakawa)さんは「災害時には活躍しそう」と期待を寄せます。

一方、OGASAWARA, Kazutomo(@oneworld)さんは補助金の支給が縦割りになりそうなことに苦笑。

Showon Sato(@SatoShowon)さんは「電機メーカーに対する補助」とうがった見方をします。

また、堀江貴文(Takafumi Horie)(@takapon_jp)さんは「問題はついていけない先生」とボトルネックの存在を指摘します。

参考サイト

総務省


  • このエントリーをはてなブックマークに追加