話題・時事ネタ

2016/05/17

保育園に入れないならシッターがあるじゃない!経沢香保子氏

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

保育園に入れないならシッターがあるじゃない!経沢香保子氏

青野氏と経沢氏が対談

サイボウズ代表の青野慶久氏とカラーズ代表の経沢香保子氏が対談を行い、その様子が「サイボウズ式」に5月12日、公開されました。

タイトルは「保育園だけではないひとりひとりにあった育児の選択肢も–カラーズ経沢香保子 x サイボウズ青野慶久」です。

ベビーシッターが普及すれば待機児童問題は解消

経沢氏は「保育園だけではないひとりひとりにあった育児の選択肢」としてベビーシッターを提言。保育園における集団育児のメリットは認めつつも、箱(保育園)が無駄になる可能性を指摘します。

アメリカで待機児童が問題にならないのは「ベビーシッター」が普及しているからと説明。1時間10ドル程度で雇えることを紹介しています。

ツイッター上の反応は・・・

SHINGA FARM(@ShingaFarm)さんは「子育ては親がするもの!」という風潮が排除できれば、経沢氏が推すベビーシッターが普及すると主張。

橋井健司(@hashii_k)さんは「0歳1歳には保育園だけじゃない」とする経沢氏の意見に賛同。

一方、駒崎弘樹(@Hiroki_Komazaki)さんは「シッターを称揚したいために保育園をけなすのは悪手」と経沢氏を批判。

都内に暮らす二児のママさんである おとみ(@otomi_emishi)さんも「シッターを雇うほどの収入があれば、保育所入園を待機しない」と非難します。

参考サイト

保育園だけではないひとりひとりにあった育児の選択肢も–カラーズ経沢香保子 x サイボウズ青野慶久


  • このエントリーをはてなブックマークに追加