離乳食

2016/05/23

離乳食を全然食べてくれない…無理にでも食べさせるべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

離乳食を全然食べてくれない…無理にでも食べさせるべき?

離乳食が思うように進まないと心配になるものです。ご飯以外のものをほとんど食べてくれないという悩みに対し、看護師さんたちはなんと答えているでしょうか。

ママからの相談:「ぜんぜん食べてくれません」

10カ月の男児です。7カ月頃から離乳食を始めました。おかゆ以外のものをあまり食べてくれず困っています。バナナは食べますが、少し食べたら嫌がります。だしで味付けしたものは作ったものでもレトルトのものでも受け付けず、無理に食べさせようとして大量嘔吐したこともあります。少し柔らかめのご飯も食べられるようになりましたが、このままご飯だけでは心配です。無理をしてでも少しずつ食べさせたほうがよいのでしょうか。(30代・女性)

無理に食べさせず少しずつ工夫を

おかゆにプラスアルファで野菜やスープを加えるなど、少しずつ慣れてもらう工夫をしてみましょう。栄養を摂らせようと無理に食べさせる必要はないようです。

授乳中でしたら、無理に離乳食を進める必要はありません。離乳食は、ミルクで足りない栄養の補給と思ってください。お粥に野菜を小さく刻んで入れたり、お肉のスープでのばしたり、お粥でも栄養がとれるように工夫してみてください。形のあるものや味付けに慣れていないのもありますから、ペースト状のものや潰した野菜、薄味のものから少しずつ色々なもので試してください。(産科看護師)
この時期は離乳食に飽きたり食事を工夫する必要があります。固さは少し柔らかめという事ですが、歯茎でつぶせる固さを目安にしましょう。また野菜を細かく切り、柔らかくしてスープとして与えてはどうでしょうか? (看護師)
前歯が生え始めているなら固さを見直して月齢に合わせた固さに調整しましょう。柔らかすぎても食べてくれない原因になります。(看護師)

楽しく食べられるようにしてあげましょう

手づかみなど自分で楽しく食べられるようにしたり、家族で楽しく食べる雰囲気を作るなど、食事自体が好きになれるようにすることも大切です。

お子さんが自分から食べたいと思う事が大切ですから、お母さんが口に運ぶのではなく、お子さんにスプーンを握らせたり、手づかみでもよいので、お子さんが自由に食べられるようにしてください。ぐちゃぐちゃにして遊んでしまうかもしれませんが、イライラせず、お母さんも一緒に、モグモグごっくんと言いながら、楽しく食べられるようにしてください。(産科看護師)
手づかみで楽しく食べられるようにおにぎりや野菜スティックなどに挑戦しても良いですね。食器を変えたり家族皆で食卓を囲むなど楽しい雰囲気をつくるのも大切ですね。無理に食べさせると食事をするのが嫌いになる可能性があります。子供に食事のストレスを与えないためにも無理に食べさせるのはやめましょう。時間が経てば食べてくれるようになると思います。(看護師)

離乳食を無理に進める必要はありません。おかゆが食べられるのであれば、そこに野菜を加えるなどして少しずつ味や食感のあるものに慣れてもらいましょう。楽しく食べられるように食事の形状や環境を整えてあげることも大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加