子連れの移動

お出かけしたいのに…ベビーカーを嫌がるときはどうすればいい?

赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけ。出産前は、誰もが夢見ていた憧れの光景ではないでしょうか。しかし、実際に子育てを始めてみるとベビーカーを嫌がっておとなしく乗ってくれない子も少なくありません。では、そんな時はどう対処すればよいのでしょうか。

ベビーカーを使用するのはいつ頃まで?

赤ちゃんが産まれて、生後1カ月の検診でベビーカーデビューをする人も多いですよね。ベビーカーは赤ちゃん用品の中でもじっくり気に入ったものを選んでいる人が多く、ママの思い入れも強いアイテムです。お気に入りのベビーカーに、赤ちゃんを乗せておでかけするのはとても楽しいもの。そんなベビーカーも、あんよが始まる1歳~1歳半頃から少しずつ出番が減り、2~3歳頃にはほとんど使わなくなったという人が多いようです。

2~3歳頃の子はお出かけ中に寝てしまうこともよくあるため、荷物と子どもを抱えながら移動…という大変な事態にならないように気をつけたいところ。いざという時にベビーカーは心強い味方となるため、長く使っていた人も多いようです。

一方で、車での移動が多くベビーカーの出番が少なかったという人も。ライフスタイルによって、ベビーカーの使用期間や頻度はさまざまです。子供乗せ自転車や抱っこひもなどを併用しながら、上手に使い分けをしましょう。

ベビーカーを嫌がった時の対処法

あんよが始まった子は自分で歩く方が楽しくなり、ベビーカーに乗せられると嫌がって泣くことがあります。まだ歩けない子でもベビーカーよりも抱っこが好きという子もいます。そんな時のために、抱っこひもは常に持ち歩くというママも多いです。いろいろと試行錯誤しながら、お出かけ中の困ったことを克服していきましょう。

対面式のベビーカーであれば、赤ちゃんと目を合わせて話しかけてあげるといいですね。バギータイプでも、声をかけながら時々お顔を覗き込んであげるとママと一緒という安心感を与えてあげられます。ぐずりだした場合、ベビーカーに乗せた子におもちゃや布絵本を渡して、ご機嫌をとるのも一つの方法です。赤ちゃんが飽きて放り投げることがあるため、ひも付きのものにしておくと安心です。

また、ずっとベビーカーに乗せたままにすることは赤ちゃんにとっても負担になるため、ときどき休憩して抱っこしてあげるなど、気分転換をさせてあげましょう。タイミングを見ておやつを与えてあげることもいいですね。上手にベビーカーを活用しながら、楽しくおでかけしましょう。


2016/05/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事