インフルエンザ

2016/05/27

風邪やインフルエンザの流行から家族を守る方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

風邪やインフルエンザの流行から家族を守る方法は?

寒さが厳しくなる冬は風邪やインフルエンザが流行します。幼稚園や学校で流行すると、まだ通っていない下の子供にまでうつってしまうことも。風邪やインフルエンザの予防方法を知りたいというママからの相談に、看護師と医師のアドバイスは?

ママからの質問:『幼稚園での風邪やインフルエンザの流行を家に持ち込まない方法は?』

今、上の子が通っている幼稚園で、胃腸の風邪とインフルエンザが流行っています。1学期に胃腸の風邪が流行った時には、上の子が胃腸の風邪になったのをきっかけに、家族みんながかかって、とても大変な思いをしました。今回も、下の子にうつるのも心配ですし、家に風邪やインフルエンザを持ち込みたくありません。予防といえば、手洗いとうがいがありますが、他に方法はありますか。おすすめの食べ物や飲み物も知りたいです。(30代・女性)

部屋の加湿も心がけて。手洗い、うがいの他にマスクも有効

もし、家族が感染してしまった場合は別室で休ませ、食器やタオルの共有はしないようにしましょう。

予防には、うがいや手洗いは基本ですが、家族に感染者がいる場合、なるべく接触しない、食器やスプーンは共用しない、電気のスイッチやリモコンといった複数の人が触れるものは、除菌シートや除菌スプレーで除菌してください。(産婦人科看護師)
感染症の予防は、手洗い、うがい、マスクの着用が一番有効です。また、不必要な外出、特に人ごみは避けてください。インフルエンザの場合は室内を加湿して、時々窓を開けて換気することもウイルスの活動を抑える効果があります。(医師)
ご家族の中で誰か感染者が出た場合は、できれば過ごす部屋を別にして、室内でもマスクを着用し、食器の共有を避け、鼻をかんだティッシュなどはビニール袋に密封して捨て、嘔吐物や便で汚れた衣類やタオルは塩素系漂白剤で消毒してから洗濯機で洗うなどの対策が必要です。(医師)
部屋はホコリをためないよう、こまめに掃除し、空気清浄器で換気した方がいいでしょう。また、部屋が乾燥しないよう、湿度にも注意してください。加湿器もいいですが、加湿器は、こまめに掃除しないと、内部にカビが発生し、別の感染症を起こす場合がありますから、使わない時は水を捨てて、よく乾燥させてください。(産婦人科看護師)

バランスの良い食事が大事。免疫力を高める食品を積極的に

身体に抵抗力をつけるため、免疫力を高める食品をとるのもいいでしょう。

免疫力を高めるものに大根、にんにく、にら、納豆などがありますし、乳酸菌は腸内環境を整え、抵抗力をつけることができます。(産婦人科看護師)
梅干しに含まれるクエン酸も抗酸化作用があり、免疫力を高めると言われています。お茶に含まれるカテキンも風邪の予防効果があります。(産婦人科看護師)
予防に効果がある食べ物としては、ビタミン・ミネラルを豊富に含む野菜・果物、蛋白質を多く含む魚・肉・卵があげられます。納豆、ヨーグルトなどの発酵食品も免疫力をあげると言われています。栄養バランスがとれた食事をとって、充分な睡眠・休養を取ることも免疫力を高めるために重要です。(医師)

手洗い、うがいは感染症予防には欠かせません。また、マスクや部屋の加湿も有効です。免疫力を高める食品も積極的に取り入れましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加