話題・時事ネタ

2016/05/20

公園の保育所用地への転用について市民の賛否は・・・杉並区

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

公園の保育所用地への転用について市民の賛否は・・・杉並区

杉並区が緊急対策

東京都杉並区の区長 田中良氏は5月13日、2016年の待機児童が大幅に増えたことを受け、2つの区立公園の土地を丸ごと、保育所に転用するなどの緊急対策を発表しました。

杉並区の待機児童数は2016年4月時点で136人と、前年比3倍以上に増えていました。

定員を2000人分拡大

記者会見では「30カ所の保育施設を整備し、定員をおよそ2000人拡大すること」「2カ所の区立公園の土地を丸ごと保育所用地に転用し、新たに認可保育園を建設する予定であること」などを明らかにしています。

FNNは公園の転用について地元住民にインタビューしたところ、「公園が保育所になると、災害が起きた場合の避難場所は?」という指摘や、「小学生の遊ぶ場所がなくなるのでは」など、公園の存続を求める声も上がっていることが明らかになりました。

ツイッター上の反応は・・・

HenoHeno Moheji(@HenoHenoMoheji3)さんは「積極的な対策を支持します」と杉並区の方針に全面賛成。

一方、杉並区議会議員の金子けんたろう(@kaneko_kentaro)さんは「本当にそこしか用地がないのか」と、公園を転用する姿勢に疑問を呈します。

copicopi(@copicopi2010)さんは「女性が働きながら子育てできるインフラが整ってない」と杉並区の現状に苦言。

参考サイト

杉並区


  • このエントリーをはてなブックマークに追加