話題・時事ネタ

2016/05/20

謝罪後も小学校教諭が繰り返し体罰。減給処分にツイッター上の反応は・・・

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

謝罪後も小学校教諭が繰り返し体罰。減給処分にツイッター上の反応は・・・

発覚後も体罰繰り返す

埼玉新聞は5月13日、埼玉県の教員の不祥事について報じ、ツイッター上で話題となっています。

記事のタイトルは「児童5人に体罰、小学校教諭を減給 謝罪後も体罰繰り返す 県教委」です。

校長の指導実らず

埼玉県教育委員会は5月13日、草加市立高砂小学校の男性教諭(45)を減給3カ月(月額10分の1)の懲戒処分にしたと発表しました。

当該教諭は担任するクラスの児童に対して、体罰を行い、けがをさせました。体罰は昨年5月から12月にかけて行われました。児童5人に対し、計7回、頬や顎をたたいたり腰や腕を蹴ったりしました。

また、校長から数回指導を受け学級懇談会で謝罪した後も体罰を繰り返していたことも明らかになっています。

ツイッター上の反応は・・・

Akasaki(@y_akasaki)さんは処分が軽すぎるとして、教諭の住所・氏名の公表と免許剥奪、永久追放を希望しています。

クラウス(@Klaus_Sco)さんも男性教諭の体罰について「傷害罪で立件すべき」という立場です。

明治大学商学部の澤井和彦(@ks736877)さんは男性教諭が「頭に血が上った」とある意味正直な証言をしていることに驚きを隠せない様子。

一方、千葉のタイガースファン 藤村星男(@hoshiofujimura2)さんは自分が受けてきた体罰に対し今は感謝しているとした上で、「行き過ぎはダメだが全否定もダメ」とコメントしています。

参考サイト

埼玉県教育委員会


  • このエントリーをはてなブックマークに追加