離乳食

9~11カ月ごろの離乳食の進め方のポイント

9~11カ月頃の赤ちゃんの離乳食の進め方についてまとめてみました。
1日3回にうまくステップアップするコツや、食材の固さの目安などをご紹介します。
楽しく離乳食を進め、食べることは楽しいということを赤ちゃんに知ってもらえるようにしましょう。

9~11カ月ごろの離乳食の進め方について

離乳食を1日3回にする時期です。
3回目の食事は午後6時までに食べさせるようにし、遅い時間にならないよう気を付けてあげましょう。
1日3回の食事に慣れたら、休みの日などに家族と一緒にごはんを食べるようにしましょう。
お父さんやお母さんがおいしそうに食べる姿を見れば、赤ちゃんもますます離乳食に興味をもつはずです。
ちなみに母乳は赤ちゃんが欲しがるだけ与え、ミルクの場合は1日2回程度にしましょう。
また、コップやスプーンを使う練習も行ないましょう。
最初は少しずつ、焦らずにゆっくり行なうのがポイントです。

離乳食を与える時は、赤ちゃんの体に合った椅子に座らせてあげましょう。
また、丸みのある安全なスプーンを使うことも大切です。
そのスプーンに少しずつ離乳食をのせ、下くちびるに運び、上くちびるが閉じるまで待ちましょう。
離乳食は単に味わうだけではなく、手を使って触れさせ、食べ物の感触や形を学ばせてあげましょう。
テーブルの周りが汚れてもいいように、床にビニールシートを敷くなど工夫しておくといいですよ。

この時期の食材の固さの目安について

お米や野菜、魚などの食材の固さについて、9~11カ月頃の目安をご紹介します。

・お米
5倍粥を1回あたり90g、子ども茶碗で軽く1杯程度与えましょう。
5倍粥に慣れてきたら、次は軟飯にチャレンジしましょう。

・野菜・果物
歯茎でつぶせるくらいの固さがいいでしょう。
例えるなら、バナナくらいの固さです。1回あたり30~40gくらい与えてあげましょう。

・魚
こちらも歯茎でほぐせるくらいの固さがいいですね。
茹でたものを15gくらい与えてあげましょう。お刺身でいうと2切れほどです。

赤ちゃんはいろんな食べ物を口にして、離乳食のおいしさを知っていきます。
また、家族で一緒に食卓を囲むこともとても大切で、みんなで楽しく食事をとることで、
食べることは楽しいということを学ぶのです。
ゆっくりと赤ちゃんのペースで、離乳食を進めていってあげましょう。


2016/05/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事