子供の食事

実はメリットいっぱい!赤ちゃんの手づかみ食べ

9〜10ヶ月頃になると、赤ちゃんの手先はとても器用になってきます。つかむ、つまむなどが自在にできるようになってきたら、そろそろ自分で離乳食が食べられるように促してみませんか?ここでは、赤ちゃんの手づかみ食べのメリットや方法についてご紹介します。

知られざるメリットがいっぱい!手づかみ食べをしよう

これまではママやパパがスプーンやフォークを使って離乳食を与えてきましたが、指先の使い方が器用になる9〜10ヶ月頃になったら手づかみ食べをさせてみましょう。服やお部屋が汚れちゃう…と二の足を踏むママさんもいるかも知れませんが、手づかみ食べにはメリットがいっぱいあるんですよ!

これまでは食べ物を歯や舌でしか認識してきませんでしたが、手づかみ食べでは指先で直に食材に触れることで、固い、柔らかい、温かい、丸い、四角い、などの感覚を覚えることができます。また、指先の発達にとっても手づかみ食べはとても重要。例えばお豆1つをつまむだけでも、赤ちゃんにとっては至難の業。つるつる滑って転がる豆に悪戦苦闘しながら、指先の感覚だけでなく集中力を養うことができます。

ハイハイを覚えると自分でいろいろなところへ行きたがるのと同じことで、自分の手でご飯を食べられるようになったという達成感は食べることの意欲にもつながります。スプーンですくって口へ運んでもなかなか食べてくれない赤ちゃんには、早いうちから手づかみ食べに挑戦させてみるのもいいでしょう。

手づかみ食べでグチャグチャ…どうすれば?

服やお部屋が汚れるからという理由で手づかみ食べを躊躇してしまうママさん、パパさん。お気持ちはとてもよく分かります。手についた食べかすをぶんぶん飛ばす、テーブルから椅子にまでベタベタとパスタソースを塗りたくる、食べ物をお皿ごとひっくり返す…。赤ちゃんに悪気はまったくないのですが、お片づけが大変ですよね。手づかみ食べをさせるときは、床に大きなレジャーシートを敷く、汚れてもいい服を着せる、受け皿つきのエプロンをつけるなど、汚れ対策をしておけば大らかな気持ちでお付き合いできます。また、お皿をひっくり返してもいいように、取り皿に分けて少しづつ食べ物を与えるのもいいですね。

手づかみ食べしてくれない!こんなときは?

手づかみ食べにはメリットがあるなら早速!と思い立ったはいいけれど、赤ちゃんが手づかみ食べに興味を持たない。こんなときは無理やり手づかみ食べをさせる必要はありません。あくまで自発的に食べ物に触ったときを見計らって、一緒に手を添えて赤ちゃんのお口に運んであげましょう。上手にできたらオーバーなくらい褒めてあげることで、次への意欲が生まれますよ。

片付けは大変ですが、赤ちゃんのこれからの長い人生で考えたら手づかみ食べをするのはほんのいっとき。好奇心と向上心を満たすためにも、手づかみ食べにチャレンジさせてあげてくださいね。


2016/05/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事