フォローアップミルク

フォローアップミルクの役割と飲ませるときのポイント

「フォローアップミルクって育児用ミルクと何が違うの?」
「育児用から切り替えるのはどのタイミングがいいの?」
また、「フォローアップミルクを飲ませる際のポイントとは?」
今回は、こんなお母さんの疑問にお答えしていきたいと思います。

フォローアップミルクってどんなもの?

フォローアップミルクとは、離乳食をスタートした赤ちゃんのためのミルクです。
離乳食である程度栄養を摂取していることを想定して作られたミルクで、
離乳食では補えなかった栄養を補うためのものです。
そのため、離乳食で摂取されやすい糖質や脂肪分は少なく、逆に不足する傾向にあるカルシウムや
鉄分などのミネラルは多く配合されています。

フォローアップミルクはいつからいつまで?

フォローアップミルクは生後9ヶ月からとされていますが、生後9ヶ月になった途端に
飲ませなければいけないものではありません。
また、離乳食で不足しがちな栄養を補うことが目的なので、必ず与えなければ
いけないものでもありません。
離乳食が1日3回になる生後9ヶ月というタイミングでフォローアップミルクを与え始めることが多いというだけです。

ただし、開始月齢は決まっていないものの、生後6・7・8ヶ月頃の離乳食を始めた
ばかりの頃にフォローアップミルクに変えてしまうと、栄養のバランスが悪くなってしまいます。
この時期はまだ育児用ミルクを飲ませてあげましょう。
なお、フォローアップミルクのメーカーは、3歳程度まで与えるようにすすめています。

フォローアップミルクを飲ませる際のポイントや注意点について

フォローアップミルクを与える際に気を付けておきたいことをご紹介します。

・離乳食はしっかりと食べさせる
何度も言いますが、フォローアップミルクは離乳食で摂取できなかった栄養を補うためのものです。
フォローアップミルクを与えすぎて離乳食が進まない状況は意味がありませんので、
しっかりと離乳食を食べさせるようにしましょう。

・作り置きはしない
育児用ミルクと同じく、作りおきは良くありません。
飲み残したミルクも捨てるようにしましょう。

・ストローやコップで飲ませよう
哺乳瓶や母乳から卒業するためにも、フォローアップミルクはストローやコップで与えましょう。
だいたい100mlが目安となります。
1歳を過ぎたら、フォローアップミルクの量をさらに少しずつ減らしていきましょう。

フォローアップミルクについて、おわかりいただけたでしょうか?
9ヶ月になったからといってすぐに切り替える必要はなく、離乳食が進んでいなければ
9ヶ月を過ぎていても飲ませる必要はありません。
あまり神経質にならず、赤ちゃんの離乳食の進み具合に合わせて、臨機応変に対応してあげましょう。


2016/05/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事