出血

着床時出血(ちゃくしょうじしゅっけつ)と生理の見分け方

妊娠初期に見られる着床時出血についてご存知ですか?
一見すると生理と間違えてしまう場合のある出血なので、妊娠を望むママは
しっかり見極めたいところ。
今回は正しい着床時出血について、生理との違いと見分け方についてご紹介していきます。

着床時出血とは?

着床時出血とは、妊娠初期に見られる出血で、受精卵が子宮に着床する際に絨毛が
子宮壁を傷つけることで 起こる出血です。軽い痛みを伴う場合もあります。

出血の量は人様々で、生理と同様に1週間程度出血する人もいれば、
少量の出血が2〜3日で終わる場合もあるでしょう。
出血時期がちょうど生理予定の1週間前くらいからとなるため、多くの人が
生理と勘違いしてしまうことが特徴です。

着床時出血は全妊婦に現れる症状ではなく、確率としては50人に1人程度の割合と
考えられています。
妊娠を待ち望む女性にとっては、嬉しい現象と言えますが、すぐに妊娠とは判断できないので
注意が必要です。
また、着床時出血が無いからと言って妊娠していないとも限りません。
妊活中の人は一つの目安の現象と捉え、全員に起きる現象ではないと理解するようにしてください。

生理との見分け方

では、着床時出血と生理との絶対的な違いは何になるのでしょうか。
出血量、タイミング共に若干の差異はあるものの、見た目等で判断することは
不可能と言えるのです。

生理と見分けるためには、基礎体温をチェックすると良いでしょう。
生理の場合には、基礎体温が下がりますが、妊娠すると女性の身体は高温期が持続します。
着床時出血中は基礎体温が高温期のままとなるのです。
妊娠を望む女性は普段から基礎体温をつけておくと良いでしょう。

但し、生理不順の場合には、不正出血の可能性も考えられるため、
基礎体温が絶対ではありません。
着床時出血かな?と感じたら、その後1週間程経過してから妊娠検査薬で
自己診断してみると良いでしょう。
そこで陽性が出た場合には、妊娠の可能性が高まります。
妊娠しているかどうかの適切な判断は産婦人科での診断を以て判断してください。

妊娠を望む女性にとっては、嬉しい兆候と言える着床時出血ですが、
自己判断はせずに病院で診断を受ける必要があります。
生理との見分け方は基礎体温ですが、絶対ではないことを念頭におきましょう。
着床時出血は流産ではありませんので、安心してくださいね!


2016/05/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事