話題・時事ネタ

2016/05/23

保育士の処遇改善、財源は十分にある!元気会代表・松田氏

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

保育士の処遇改善、財源は十分にある!元気会代表・松田氏

タリーズ創業者が一言

タリーズコーヒージャパンの創業者で、日本を元気にする会代表の参議院議員 松田公太氏は5月17日、個人ブログ上で保育士不足解消に関する持論を展開しました。

「保育士不足の解消には」と題する記事は、ツイッター上で話題を集めています。

財源はある!

松田氏は「大幅な賃上げ」と「キャリアアップの仕組み」が必要と主張。

前者については「マイナンバーの有効活用と歳入庁設置」「後期高齢者医療制度の改革」で22兆円を超える財源が生まれるとしています。

後者については「幼稚園教諭との視角の統合と多層化」を提言しています。

ツイッター上の反応は・・・

NPO法人フローレンスの橋本吉央(@ysck_hashimoto)さんは「財源はいろいろな案がありますね」とコメント。

1児の母 異議申し立てまつる!江東区待機児童(@marimotto29)さんは「保育園利用者にも市民権を」と訴えます。

一方、特殊医師の INOUE Akihiro(@inoueakihiro)さんは「保育士の不足解消とか待遇なんてどうでもいい」と反論。

意識低い社長(@ishikihikuisha)さんは一律の賃上げではなく、「認可と無認可の格差など構造問題の解決を」と希望しています。

参考サイト

保育士不足の解消には


  • このエントリーをはてなブックマークに追加