乗り物

着用しないと法律違反?妊娠中のシートベルトについて

妊娠中のシートベルトは免除されると思われていますが、事故によるダメージを
できるだけ少なくするためにも、妊娠中もシートベルトの着用が推奨されています。
ただ、大きくなったお腹を圧迫しないで着用するなど、工夫も必要。
妊娠中のシートベルトについて知っておきましょう。

妊娠中のシートベルトの着用は?

道路交通法上、車の運転者や同乗者はシートベルトを着用するよう、義務付けられています。
しかし、シートベルトで大きいお腹を締めつけることに不安を覚えたり、
体調が悪くなることもあるのではないでしょうか。
実は、シートベルト着用の義務には例外があり、「妊娠中などで座席ベルトの装着が療養上
あるいは健康保持上において適当でない」と判断される場合は、シートベルトを着用する
義務が免除されます。
ただこれは、妊娠中はシートベルトをしなくてもよいということではありません。

妊娠中でもシートベルトはした方がよい理由

実際に、妊娠中にシートベルトをしていなかったことで、衝突事故にあった際に
亡くなった妊婦さんもいます。
シートベルトをしていないと、事故の際に車外に放り出されたり、ダッシュボードに
体を打ちつけたりすることもあります。
そのため日本産科婦人科学会などでは、交通事故のけがを軽減するためにもシートベルトの
着用を推奨しています。
ただ、妊娠中は、腹部をシートベルトが横断して圧迫しないようにするなど、工夫も必要です。

お腹を締め付けないシートベルトの着用方法

大きなお腹をシートベルトで締めつけるのは、やはり抵抗があるもの。
急ブレーキなどで腹部が圧迫されると、流産の危険性があるという意見もあります。
そのため、妊娠中のシートベルトは着用方法に工夫が必要です。
腰ベルトはできるだけお腹の下に回して足の付け根あたりを固定し、肩ベルトは胸から
脇にかけて通して、シートベルトがお腹を圧迫しないようにしましょう。
どうしてもお腹の締め付けが心配な人は、マタニティシートベルトというものが
市販されているので、購入をおすすめします。
マタニティシートベルトは、大きいお腹を締めつけずに体を固定できる補助用具です。
シートベルトがお腹にかからないように、下の部分で支える仕組みになっているため、
臨月になっても使用できます。

体調が悪くどうしてもシートベルトができない場合や、切迫早産などで横になって
車に乗る場合以外は、いざという時のためにも、できるだけシートベルトを着用しましょう。


2016/05/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事