話題・時事ネタ

2016/05/24

子宮頸がんワクチンの副反応への懸念に小児科医が出した答えは・・・

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子宮頸がんワクチンの副反応への懸念に小児科医が出した答えは・・・

子宮頸がんワクチンの副反応を巡って

医師でジャーナリストの村中璃子氏は5月17日、株式会社ウェッジが運営するWebサイト「Wedge Infinity」上に子宮頸がんワクチンに関する記事を公開しました。

「子宮頸がんワクチン論争 – はっきり示された専門家の総意 – 小児科学会が投じた決着への一石」と題する記事は、ツイッター上で話題になっています。

小児科医は「接種再開を」

村中氏は5月14日の日本小児科学会学術集会における横田俊平氏の発言をレポート。

横田氏は子宮頸がんワクチンが「子宮頸がんワクチン関連神経免疫異常症候群(HANS)」という重篤な副反応を引き起こしていると強調しました。

村中氏は「多数決で決めることはできない」としながらも、「子宮頸がんワクチンの接種再開に対して支持するかしないか」について挙手を求めた座長に対し、会場にいた小児科医の9割が接種再開を支持したいということを記事で伝えています。

ツイッター上の反応は・・・

記事の筆者である村中璃子(@rikomrnk)さんは「医者が患者との距離を取ることの大切さを再確認する」ことを記事の意義として強調。

感染症の予防とケアにあたっているという 堀成美(@narumita)さんも「周囲にも参加した医師がいたので会場での様子を聞きました」とツイートし、今回の学会が話題だったことを示唆。

医療と他分野の架け橋になりたいという みなみ(@373namicho)さんは「9割の小児科医は子宮頸がんワクチンの接種再開を支持した」ことを強調。別のツイートで「すごいシンポジウムがあったんだな・・・」とコメントしています。

一方、禅を独学で学び、悟りを得たという 遠藤翠(@shakazen2011)さんは「医薬産業界は子どもたちを見下している」と持論を展開しています。

参考サイト

子宮頸がんワクチン論争 はっきり示された専門家の総意 小児科学会が投じた決着への一石


  • このエントリーをはてなブックマークに追加