話題・時事ネタ

東北大、妊娠高血圧腎症モデルの作成に成功!

原因不明で有効な治療法がない

東北大学大学院薬学研究科の研究グループは、2016年5月18日、「妊娠高血圧腎症」の原因を究明し、治療法を開発するため、この疾患を忠実に再現できる動物モデルを作成したことを発表しました。

かつて妊娠中毒症と呼ばれていた「妊娠高血圧腎症」は、妊娠時に高血圧や尿蛋白などを発症する疾患です。年間約2万人が発症し、脳出血などから母体の死亡や胎児の死亡、未熟児の発生に至ることもあります。胎盤の血流不足による血管内皮障害が主因とされていますが、詳しいことは不明で有効な薬物療法もありません。

治療に用いる降圧薬の内、妊婦に投与可能な降圧薬は血管内皮障害を改善せず、胎児の血流が減少して生命を脅かされる可能性もあります。

予防、治療手段の開発に期待

今回、東北大学大学院薬学研究科の研究グループは東北大学医学系研究科、東北大学流体科学研究所と共同で、子宮に至る動静脈を糸でしばり血流を適度に減少させる方法でマウスモデルの作成に成功しました。

モデルは、「妊娠高血圧腎症」の高血圧、蛋白尿、流産早産、胎児低体重、血管内皮障害という病態を再現します。

研究グループは、子宮への血流が胎児の生存や発育に重要であること、子宮動静脈の血流改善が同疾患の病態を改善する新たな手段の指標となることを確認しました。今後、疾患の原因を解明し、予防や治療手段を開発すると期待されます。

参考サイト

東北大学大学院薬学研究科 プレスリリース


2016/05/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部