話題・時事ネタ

2016/05/25

「家事労働は0円」という主張に、ツイッター上の反応は・・・

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「家事労働は0円」という主張に、ツイッター上の反応は・・・

主婦の家事労働の価値は「0円」

フリーライターの赤木智弘氏は5月21日、提言型ニュースサイト『BLOGOS』上のコーナー「眼光紙背」に主婦労働の評価に関する記事を投稿し、ツイッター上の話題を集めました。

TBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』で取り上げられたこの問題について触れた赤木氏の記事のタイトルは「主婦労働による年収は0円が正しい」です。

なぜ0円なのか?

赤木氏は0円である理由を、兼業主婦でも一人暮らしの学生でもやっている「生きる上で必須のことだから」と説明します。

子育ても親であれば誰でもやっていることであり、「専業主婦だけが大変ではない」と付け加えます。

「必須ではないことをやるから対価が発生する」と普通の賃労働の特徴を説明。主婦労働はこれに当たらないと説きます。

ツイッター上の反応は・・・

cherry(@cherry29800386)さんは「女性でもそう思う」と賛同しています。

一方、大学院の修士課程で経済学を学んだという しん(@shin_takakusagi)さんは専業主婦の労働価値を月40万超と試算。

日本財団パラリンピックサポートセンター推進戦略部ディレクターの本山勝寛(@k_motoyama)さんも「育休や保育、家事代行サービスにも金銭的価値がないということになる」と否定的です。

また、ちゃんつじ(@ahina)さんは「タイトルは釣り」と内容とタイトルに乖離があると指摘します。

参考サイト

主婦労働による年収は0円が正しい


  • このエントリーをはてなブックマークに追加