新商品

三重県の「イクメン知事」、パパの愛を込めた絵本発売!

三重県知事が絵本を発売

三重県の鈴木英敬知事は5月20日、初の著書・絵本となる『「パパ」は どうしてパパなの?』を発売しました。

2011年に当時の全国最年少知事となった鈴木知事は、元シンクロナイズドスイミング五輪メダリスト・武田美保さんを妻に持つ2児のパパ。2012年6月に長男が誕生した際、知事として2人目となる育児休暇を取得した「イクメン知事」として有名です。

父の日のコミュニケーションに

子どもに日々読み聞かせをしているという鈴木知事が絵本を発売するのは、6月19日の父の日に先立ちこの本を「パパから息子へ、普段は言えないけれど、いつか言いたいこと」を伝えるきっかけ作りにしてほしいという願いからだといいます。

親子にとって大切なこと。家族にとって大切なこと。人間にとって大切なこと。人生にとって大切なこと。世界にとって大切なこと。地球にとって大切なこと。(プレスリリースより引用)

という“パパの思い”を12のテーマに込め、世界に向けて伝えていく作品です。より多くの親子が楽しめるよう、作品には英文も併記されています。

印税は全額寄付

デザインチーム・play set products(プレイセットプロダクツ)が手がけたイラストにも注目。キャッチーで親しみやすいキャラクターは、子どものお気に入りになるでしょう

同書の印税は、未来を担う子どもたちの育成にかかる団体に全額寄付されるとのこと。父の日の贈り物にもぴったりの1冊、ぜひ手にとってみてください。

参考サイト

『「パパ」は どうしてパパなの?』

株式会社エムオン・エンタテインメント プレスリリース


2016/05/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部