薬(処方薬・市販薬)

2014/07/13

妊娠中期、貧血の薬を処方されましたが嘔吐してしまいます…

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中期、貧血の薬を処方されましたが嘔吐してしまいます…

女性の身体は妊娠すると体質が急激に変わり、多くの妊婦さんがつわりや貧血に悩まされます。「なるカラ」にも、つわりと貧血で悩んでいるママから、自宅でできる貧血の対処法について相談が寄せられました。看護師さんからはどんなアドバイスがあったでしょうか?

ママからの相談:「貧血の薬を飲むと嘔吐してしまいます、薬以外の対処法を教えて…!」

貧血と診断されたが、処方された薬を飲むと嘔吐してしまい、薬を飲んでいる意味があるのか心配で、自宅でもできる貧血対策を知りたいというママからの相談です。

今妊娠中期なのですが、つわりがひどく、よく嘔吐してしまいます。血液検査で貧血だと言われて薬を貰いましたが、この薬が身体に合わないのか、飲むと必ずいつもよりひどく戻してしまいます。薬を吐いてしまうため飲んでいる意味がないのではと心配です。そのため食事面で、レバーや卵、大豆など貧血に効くと言われている物を摂取するように心掛けていますが、これだけで治るとも思えません。何か他に自宅でできる貧血を治す方法はありますか。

多くの妊婦さんが貧血と診断され、貧血の薬の副作用で吐き気に悩まされています。別の薬や方法がないか医師に相談してみて!

妊娠中は血液が薄くなるため、貧血になりやすくなります。多くの妊婦さんが貧血の薬を処方されていますが、副作用の吐き気に悩まされることも。医師に相談すると、別の飲み薬を処方してもらえたり、鉄剤を注射してもらえることがあるので、まずは相談してみてとのアドバイスがありました。

妊娠中は体内の水分量が赤ちゃんを育てるために多くなりますが、血球成分の量はさほど変わらないため、血液が薄くなり貧血になりやすくなります。貧血のお薬をもらう妊婦さんは結構多いのですが、貧血のお薬の副作用で吐き気が出る方がいらっしゃいます。その場合、その人に合う別の薬が処方されますので、一度処方してもらった医師に相談し、別の薬がないか聞いてみてください。(看護師)
胃が荒れていると、鉄分を吸収しにくくなります。質問者の方も、つわりで嘔吐しているとのことなので、胃から食道にかけて粘膜が荒れている可能性があります。鉄剤を服用することで胃が荒れることもあり、この場合、経口で鉄を補給しても吸収されにくいため、 鉄剤を注射するという方法があります。効果も早く、飲み薬が合わない体質の人には有効な方法です。(看護師)

鉄分を多く含む食品だけでなく、鉄と相性のよい成分を含む食品を組み合わせて摂ってみて!

自宅でできる貧血対策は、食事から鉄分などを摂取する方法が一番。鉄分を含む食材と、鉄分の吸収を高めるビタミンC、赤血球の元となるビタミンB6、ビタミンB12を含む食材を組み合わせて食べるとよいと教えてくれました。

自宅で貧血を治すには、食事から鉄分を摂る方法が一番良いでしょう。つわりで辛いですが、日々の食事で鉄分を多く摂ることは出産後も大切になりますので、レバー・大豆・小松菜・ほうれん草・ひじきなど積極的に摂ってください。また、鉄の吸収をよくするビタミンC(小松菜、ブロッコリー、いちご、キウィなど)や、赤血球の元になるB6(玄米、だいず、ほうれんそう、バナナなど)、B12(チーズ、卵、レバーなど)も同時に食べるようにしましょう。(看護師)
レバーは鉄分が多いイメージですが、くせがあって妊娠中は食べにくいので無理して摂らなくても大丈夫。レバーのほかに鉄分が多い食材には、肉の赤身、カツオ、マグロ、アサリ、シジミ、ほうれん草、小松菜、海苔、大豆などがあります。体内への鉄分の吸収が良いのは、肉や魚などの動物性食品です。ビタミンCを多く含む果物や野菜を一緒に摂ると良いでしょう。気分が悪くてあまり食べられなければ、カツオにスダチをかけるように、レモン汁などをかけて食べるのもおすすめです。(看護師)

つわりで辛い時期ですが、医師とも相談しながら薬と食事で上手に鉄分を取り入れていきましょう。元気な赤ちゃんに会える日を楽しみに、周囲の人にも協力してもらって穏やかな妊娠生活をお送りください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加