子供の食事

3歳の子どもがごはんを食べるのに1時間かかる…どうしたらいい?

おやつはすぐに食べるのに、ごはんはなかなか食べてくれない…そんな悩みを抱えているお母さんは少なくありません。今回の相談者もその一人。励ませばちゃんと食べてくれるものの、1時間もかかってしまうと悩んでいます。どうしたらよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「子どもがごはんを食べるのに時間がかかり過ぎます」

3歳5か月の子どもは、おやつを食べるときは普通なのに、食事になるとグズグズします。スプーンやお箸は上手に使えますが、途中で眠そうにしたり、食器で遊んだりして、食べ終わるまでに1時間かかります。「20分たったら食事をさげないと」と言われますが、励ませば食べ終わるので、かわいそうな気がします。「食べさせて」と甘えてきたときに、手っ取り早いのでつい食べさせてしまうのが原因でしょうか。(40代・女性)

テレビを消して食事に集中できる環境づくりを

食事時はテレビを消し、おもちゃは見えないところに片付けて、食事に集中できる環境作りを心がけましょう。

食事はよく噛んでゆっくり食べるのが理想ですが、あまりに時間がかかるとイライラする場合もあるかと思います。子供の遊び食べには、お腹が空いていない、食事に集中できない、眠い、食事より遊びたいなどの理由があります。食事はなるべく同じ時間帯で、ごはんの前のおやつは控えましょう。食事中はテレビを消して、おもちゃは目の届かない所に片づけ、食事に集中できるようにしてください。(産科・婦人科看護師)
一般的に、子供が集中できる時間は15~20分といわれますから、お子さんが遊びだしても、叱ったり、焦らせたりせず、「ここまで食べたの、もう少しだね」と前向きな声掛けをしてください。遊び続けて食べないなら、30分くらいでいったんリセットします。「まだ食べる」と言ったら、もう一度、いただきますを言って、食べられるだけ食べさせてください。(産科・婦人科看護師)

早食いよりは健康的。今の時期だけと思って見守って

健康のことを思えば、よく噛んで食べるほうが早食いよりもよいとの声もありました。今だけと思って見守ってあげるのがよさそうです。

お母さんが食べさせた方が楽かと思いますが、続けていると、自分から食べようという意欲がなくなります。食事は家族そろって、楽しい雰囲気で食べられるようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
友だちや兄弟がいれば、また違うかもしれないですね。お子さんとの時間はしっかり確保できていますか。食べる時間が遅いのはよいことだと思います。早く食べるよりはゆっくり時間をかけて食べるほうが健康的に思います。量を少なめにしたり、食べることを褒めると効果がある場合もあります。(循環器内科看護師)
時間で下げるというのはよしあしですし、時間をかければ全部食べるなら、見守ってあげてはどうでしょう。食べさせてとお願いするのは、まだ甘えたいことの現われのように思います。まだ3歳ですし、大きくなるとそういうこともなくなってしまうと思うので、お母さんの負担でなければ、もう少し見守ってあげてください。(循環器内科看護師)

テレビを消したり、おもちゃを見えないところに片付けたり、食事に集中できる環境を整えてあげると効果が期待できるようです。今だけのことですから、楽しく食事ができるよう見守ってあげましょう。


2016/05/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)