発達の遅れ

10か月の息子が名前を呼んでも反応しない…どうしたらいい?

子どもの成長で、人と違うところがあると、個性なのか障害なのかわからずに悩んでしまうこともあります。今回の相談者は10か月の男の子のママ。名前を呼んでも反応しないと心配しています。どう接するのがよいのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「名前を呼んでも振り返らず、不安です」

10カ月の男の子ですが、名前を呼んでも振り返らず、発達障害や自閉傾向ではないかと心配です。バイバイやおいでも理解せず、大人の模倣もしません。物音がするとそちらを向くし、歌を歌うと笑うので、耳は聞こえているようです。目は合うし、身体の発達は早く、もうよちよち歩きを始めています。この月齢だと障害の判別は難しいと思いますが、マイペースな息子に合った接し方や言葉の教え方があれば教えてください。(40代・女性)

性格の可能性も。場合によっては専門機関に相談を

小さいうちは障害の判断はやはり難しいようです。表情が乏しかったり、異常な執着が見られるようなら、専門機関に相談しましょう。

検診の時に発達についての指摘はありましたか?確かに成長には個人差があり、小さいうちは、性格なのか障害なのか、判断が難しい場合があります。発達障害の症状は様々ですが、話す時に視線が合わない、じっとしていられない、一つのものに異様にこだわる、何気ない生活音に異常に反応する、感情表現が乏しいなどの様子があれば、早めに小児科や発達障害センターなどで相談した方がよいでしょう。(産科・婦人科看護師)
10か月であれば個人差の範囲のような気もします。根気よく、子どもとの関わりの中で、いろいろ行なってみてはいかがでしょう。生活の中で遊びのような感じを含ませたり、絵本を読んであげるのも手だと思います。たくさん読む必要はないですし、10か月なら擬音が多く使われている絵本を繰り返し読むのもよいかもしれません。(循環器内科看護師)

積極的に声かけを。絵本や”いないないばあ”遊びも効果的

できるだけ声かけをしてあげましょう。絵本を読んだり、タオルやシャツで“いないないばあ”をしてあげるのがよいかもしれないとの意見もありました。

耳が聞こえているようなら、よく話しかけたり、絵本を読んだり、音楽を聞かせてリズムをとったり、お子さんが好きなおもちゃや興味を示すもので遊ばせてください。できるだけ肯定的な声掛けで、目を見て話すようにしてください。(産科・婦人科看護師)
ある日突然、言葉を発することもあります。“いないいないばあ”などを生活に入れてみてはいかがでしょう。あくまで提案ですが、お風呂あがりに顔をふくときにタオルで覆うなどして「〇〇ちゃんがいないなぁ?あれー?」、タオルを取って「いたね」などしたり、服を着せるときに丸首などで同じことをすると、遊んでもらっている、うれしい、真似してみよう、という気持ちになるかもしれません。(循環器内科看護師)
子どもは感情に敏感です。両親が不安だと伝わってしまいますし、初めての育児であれば、わからないことがあって当然です。焦らずに見守ってあげてください。(循環器内科看護師)

小さいうちは障害なのか性格なのか、判断が難しいところがあります。普段から絵本を読んだり、”いないないばあ”遊びをするなど、積極的に声かけするのがよいようです。場合によっては専門機関に相談しましょう。


2016/05/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)