赤ちゃん返り

2016/06/02

2人目出産後、2歳半の長女が赤ちゃん返りに!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

2人目出産後、2歳半の長女が赤ちゃん返りに!

2人目以降の出産では、どうしても赤ちゃんのお世話が優先になり、上の子へのフォローが足りなくなりがちです。長女を優先させてあげられないことに悩むママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「長女優先、わかっているのにできません」

2人目の出産後、2歳半の長女の赤ちゃん返りが始まりました。周囲からは、基本的には長女優先、おねえちゃんだから○○という言葉を控えるように言われていて、頭では理解していました。しかし、長女が抱っこをせがんでも、赤ちゃんが泣くと先に赤ちゃん、次に長女を抱っこしてしまいます。生後1カ月半経ち、赤ちゃんが泣いても長女を優先して関わりたいのですが、しばらく泣かせてひきつけをおこさないか心配です。(20代・女性)

簡単なお手伝いを頼んでみて

上のお子さんに赤ちゃんのお世話を手伝ってもらうことで、親子のコミュニケーションが でき、姉としての自覚を目覚めさせることができるとアドバイスがありました。

赤ちゃんを抱っこしているときに抱っこをせがまれたら、しゃがんで抱きしめることはできませんか?赤ちゃんが泣いたら「なんだろうね?お姉ちゃん見てきて」と言って様子を見させ「抱っこしてみようか?」とお母さんが抱っこして、お姉ちゃんには手を握らせるなどしてみてください。(産科・婦人科、精神科看護師)
おむつを持ってきてもらったり、泣いているときに頭をなでてもらったり、一緒に赤ちゃんの服を準備したり、育児に参加させてください。元々、女の子には母性本能がありますから、上のお子さんも育児に参加させることで姉としての自覚が芽生えます。上手くできなくても「さすがお姉ちゃんだね」とたくさん褒めてください。(産科・婦人科、精神科看護師)
赤ちゃんが寝ているときは思い切り甘えさせて、スキンシップをとるようにしてください。お母さんは大変かもしれませんが、二人の赤ちゃんがいると思って、頑張って乗り越えてください。(産科・婦人科、精神科看護師)
質問者の方も理解しているように「お姉ちゃんになったんだから」と言う言葉は控えるようにしましょう。赤ちゃんがいても、上の子どもがお母さんの手伝いをすることでコミュニケーションをとることができます。例えば、おむつ交換を一緒にしたり、必要な物を持ってきてもらってもいいですね。お手伝いをして褒めてあげれば赤ちゃん返りもおさまるのではないでしょうか。(一般内科看護師)

泣き入りひきつけは、そこまで心配なし

泣いてひきつけを起こす原因と対処法、受診すべき目安について教えてくれました。

泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)についてですが、呼吸ができなくなり脳に酸素が運ばれないため、顔色が悪くなることがありますが、脳に悪影響を及ぼすことはないので心配する必要はないと考えます。痙攣を起こした場合は、身体をゆすったりせず、痙攣が治まるまで安静に待ちます。痙攣の頻度が多いときや痙攣が強い場合は小児科を受診するようにしましょう。(一般内科看護師)

上の子どもにお手伝いを頼むことで、姉としての自覚が芽生えるようです。赤ちゃんが寝ている間は思い切り甘えさせてあげましょう。ひきつけはあまり心配はないようですが、回数が多い、痙攣が強い場合は受診をご検討ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加