偏食

子どもの好き嫌いが激しくて保育所の給食を食べない!家庭できる対処法とは?

多くの保護者が、子どもが保育所で給食を食べないことに悩みを持っています。2~3歳頃は好き嫌いが出ることに加えて、それを行動で現す時期です。家庭でできる対処法を考えてみましょう。

子どもが給食を食べない原因

①苦手な食材・料理がある
なぜ2~3歳頃は好き嫌いが出てくるのでしょう。考えられる理由が2つあります。
ひとつは味覚や食感です。人は本能的に、苦味や酸味を「毒」や「腐敗物」と認識するために嫌います。また、ぐにゃっとした食感も「腐敗」を連想するといわれます。ピーマン、人参、ナス、トマトの種の部分、レバー、魚などが嫌われるのはこのためです。経験とともに好むようになっていくのですが、とくに子どもは味覚が繊細で経験も少ないため、苦手意識を持ちやすいのです。
もうひとつは脳の発達です。「苦かった食材」「熱かった食材」「無理やり食べさせられた食材」など、過去に見たものや触れたものなどの経験を、今見たり感じたりしていることとつなげることができるようになります。そのため、不快な経験をしたことのあるものが「嫌いな食材」となります。

②食わず嫌い
新しい食べ物に挑戦することには、不安や恐怖が伴います。また、子どもは大人よりも知っている料理や味付けが少ないため、嫌いな食べ物と同じような見た目、似た色味やにおいなどでも「嫌なもの」と感じてしまいます。

③場所見知りや人見知り
新しい場所や人に慣れずに食が進まないこともあります。とくに、入園やクラス替えの時期には、緊張などのストレスから食欲が低下してしまいます。

④好きなものだけを食べる習慣
とくに甘いもの、しょっぱいものなどは子どもが本能的に好む味で、それ以外にもお気に入りの食材には個人差があります。好きなものをあげることは悪いことではありませんが、好きなものしかあげない、嫌いなものは出さないということが習慣になってしまうと「好きなものしか食べない」ということが習慣化してしまいます。

⑤食以外への関心
おもちゃやお友達との遊びなど、楽しいことがたくさんある環境で、ご飯を食べること自体に興味関心がいかずに食が進まないことがあります。

無理やり食べさせるのはNG

食べないのには理由がある
子どもに好き嫌いがあるとき、そこには子どもなりの理由があります。理由に関係なく無理強いすると、それが嫌な経験となり「嫌い」を助長してしまいます。叱りたくなるのは我慢して、子どもの気持ちをまずは受け止めましょう。

好き嫌いや偏食のある子どもへの家庭での接し方

まずは、食べない理由に目を向けてみましょう。どんな食材を食べないかだけではなく、そのときの体調や食事以外の環境も見てみてください。観察するだけでなく、本人に「どうして食べないの?」と優しく問いかけてあげることも大切です。その上で、具体的な対策をご紹介します。

【対策1】嫌いな食材は間を空けて与える
幼児に好き嫌いがあるのはよくあることですので「いつか食べるようになる」という気持ちであまり心配しないようにしましょう。ただし、子どもは苦手なものを経験によって好きになっていきます。嫌いだから出さないのではなく、ときどき与えてみるとあるとき食べるようになるということもあります。

【対策2】いろいろな食材を食べさせる
子どもが新しい食べ物に不安を感じるのは確かですが、その食べ物を食べたときの「美味しい」「満たされた」という経験は、その食べ物への嗜好を増すことが実証されています。できるだけいろいろな食材に触れる機会を増やしてあげることで、食べることへの自信がつきます。食事は毎日のことですから、大変なときは便利な市販品なども使いながら、いろいろな食材を取り入れましょう。

【対策3】量を少なく盛り付ける
完食できた、褒められたという成功体験は、自信となり、食べる意欲を高めます。とくに食が細い子どもは初めに盛り付ける量を少なくして、全て食べ終わってからおかわりするようにしましょう。

【対策4】生活リズムを整える
人の食欲は生活リズムと深く関係しています。とくに子どもの身体は影響を受けやすいため、規則的な生活を習慣づけましょう。就寝やお昼寝の時間、食事時間をできるだけ同じ時間にしましょう。また、食事前に積極的に身体を動かすようにして、授乳やミルクがある場合には食後や食間にします。休日でも時間が大きくずれないように心がけましょう。

【対策5】楽しい食卓を作る
食べることに興味を持つことが、どんな環境でも「食べよう」という意欲につながります。家族みんなが集まり、同じものを食べることは安心感につながります。また、野菜を型抜きする、好きなキャラクターの食器を準備する、自分のスプーンを選ばせるなど、楽しく食べる環境を作りましょう。食べられたときには言葉をかけて、たくさん褒めてあげることも大事です。

子どもが食べないことに対して親が注力しすぎて一生懸命になると、プレッシャーを与えてしまいかねません。食べる量や味覚の違いは大事な個性でもあります。楽しい食環境に触れていることで、年齢が進むにつれて自然と食べられるようになるものですから、いつか食べられれば大丈夫という気持ちで、できることを取り入れてみましょう。
家庭での生活であっても、育児はたくさんの人が関わることが大切です。保育園や幼稚園の担任の先生にも生活の様子を聞きながら、好き嫌いの理由やより良い対応を試行錯誤していきましょう。

執筆者:山本 ともよ(やまもと・ともよ)
管理栄養士・母子栄養指導士・サプリメントアドバイザー。株式会社 とらうべ 社員。妊婦や子育て世代へ向けた食の講習や、働く人への食生活指導を行う。一児の母。

監修者:株式会社 とらうべ
助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの医療職や専門家が在籍し、医師とも提携。医療や健康、妊娠・出産・育児や女性の身体についての記事執筆や、医療監修によって情報の信頼性を確認・検証するサービスを提供。

2018/12/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

保健・衛生・妊娠・育児コンサルタント株式会社とらうべ