食事マナー

2016/06/05

食事中にうろうろしたり遊んだり…強く叱るべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

食事中にうろうろしたり遊んだり…強く叱るべき?

2歳を過ぎるときちんと座って食事をする子どもが増えてきますが、中には長続きしない子もいます。すぐに立ち上がって歩き回ったり遊び出したり。そんなときは強く叱るべきなのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「食事中にすぐに立ち上がってうろうろしてしまいます」

2歳8か月ですが、食事のとき、座っているのは最初の3分だけで、すぐに席を立ち、うろうろします。「ごちそうさまなのね」と声かけすると「食べる~」と戻ってきては一口食べ、またふらふらします。言っても聞かないのですが、このままでよいのでしょうか。座って食べている子を見ると、しつけが悪いのかと自己嫌悪になります。きつく言い聞かせるべきでしょうか。(30代・女性)

おもちゃを片付けテレビは消して。食事に集中できる環境を

子どもはすぐに他のことに気を取られてしまいます。食事に集中できる環境を整えてあげましょう。

2歳をすぎると座って食べるようになる子が多いですが、子どもの成長はそれぞれです。周りと比べないようにしましょう。食事中はテレビを消し、おもちゃは目につかないところに片づけ、食事に集中できるようにしましょう。(産科・婦人科看護師)
子どもは気ままです。食事中でも他に気になることがあれば、食事のことを忘れて別の場所へ移動したり、気になる物を手に取ったりします。お母さんは根気よく付き合っていると思います。大きくなれば集中力がつき、座って食べられるようになるはずです。食事中にテレビをつけたままだったり、おもちゃが目に入るなど食事に集中できない環境があれば改善しましょう。(内科医師)
厳しくする必要はありませんが、立ちあがったらお皿を片づけたり、食べ物をあげない、座ったら食事再開を根気強く繰り返したり、テーブルを高くして子どもが立ったままでは食べ物に手が届かないようにしたお母さん達もいます。外出先でもみんな座って食べているよと教えてあげてください。(産科・婦人科看護師)

畳より椅子とテーブルで食事を。ちゃんと食べたらうんと褒めて

畳に座っての食事より椅子とテーブルの方が効果的です。根気強く言って聞かせ、できたらうんと褒めてあげましょう。

座って食べさせるには、畳よりテーブルで椅子に座らせたほうがよいでしょう。ベルト付きの椅子だと無理に立ち上がろうとして転落のおそれがあるため、椅子に固定するのはやめましょう。テーブル付きの椅子に座らせるのもよいかと思います。(産科・婦人科看護師)
露店などでは立ったまま食べますし、立ち食いそばや立食パーテイーなど、立って食べる文化もあります。無理強いせず、もう少し様子をみてください。テレビを見たり、絵本を読むときも座ってできるようにするとよいと思います。(産科・婦人科看護師)
もしかしたらお母さんの気を引こうとしているのかもしれません。ただ、今のやり方ではよくないので、しっかり座ってご飯を食べたり、気になることを我慢できたらオーバーに褒めましょう。「お母さんが作ったご飯、きちんと最後まで食べてくれてうれしいな」などと伝えると、うれしくなって継続できるようになります。(内科医師)

まずは食事に集中できる環境を整えてあげましょう。子どもの成長には個人差がありますから、他の子と比べて強く叱るのではなく、根気強く言って聞かせ、できたらうんと褒めてあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加