話題・時事ネタ

2016/05/27

2015年、出生率は1.46。前年比0.04ポイント改善で2年ぶりのプラス。

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

2015年、出生率は1.46。前年比0.04ポイント改善で2年ぶりのプラス。

出生率は2年ぶりのプラス

厚生労働省は5月23日、平成27年の人口動態統計(概数)を発表しました。

女性が生涯に産む子供の推定人数を示す合計特殊出生率は1.46で、前年比0.04ポイントの上昇。2年ぶりのプラスとなり、21年ぶりの水準に達しました。

都道府県別に見た場合、最も低いのが東京の1.17、最も高いのは沖縄の1.94で、前年と同様の結果となりました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加