話題・時事ネタ

2016/05/27

平均を気にすると「地雷」を踏む。教育費に困らないようにするためのコツ!

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

平均を気にすると「地雷」を踏む。教育費に困らないようにするためのコツ!

平均で見てはだめ

子育てをしていて気になるのが、子どもたちの教育費。公立か私立か、大学まで行くのか高卒で就職するのか、理系か文系かでも随分差が出てきます。

そんな教育費に関する記事が5月24日、東洋経済ONLINE上に掲載され、ツイッター上で話題を集めました。

記事のタイトルは「教育費を『平均』で考えていたら痛い目に遭う- 高校卒業までオール私立1770万円は本当か」です。

教育費の地雷

記事を執筆したファイナンシャルプランナーの山口京子氏は「教育費の地雷がどこにあるかを予め知っておくことが大切」とした上で、「保育園と幼稚園の教育費の差は300万円になることもある」「小学校受験の場合、受験までは年間100万円、入学後は200万円必要」など教育費の「リアル」を語ります。

子どもの教育費で困らないようにするために、「10歳までに教育費を貯める」こと、(当たり前のことですが)「調べる」こと、「プランを立てる」ことを推奨します。

ツイッター上の反応は・・・

cherryS(@CherryS4)さんは「将来子どもができたら私学に入れたい」としつつも、記事で示された教育費に驚きを隠せない様子。

大学で非常勤講師をしている 内田康弘(@yasu_heast0706)さんは記事の内容が授業内容と重複し、有益だということでシェアしています。

nayuTA Jäger(@NAYUTA8888)さんは「いずれにせよお金が必要ということ」と理解したようです。

一方、2児の母 おとみ(@otomi_emishi)さんは膨大な教育費をかけて「なぜ私立に行かせたがるかわからない」と首を傾げます。

参考サイト

教育費を「平均」で考えていたら痛い目に遭う高校卒業までオール私立1770万円は本当か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加