話題・時事ネタ

2016/05/27

「元祖イクメン」が語るPTAのメリットとは?

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

「元祖イクメン」が語るPTAのメリットとは?

PTAはビジネススキルを鍛える

ライフハッカー[日本版]編集部は5月17日、PTAで鍛えられるビジネススキルについての記事を公開し、ツイッター上で話題になっています。

記事のタイトルは「『元祖イクメン』がPTAで鍛えられたビジネススキルとは?NPO法人コヂカラ・ニッポン代表、川島高之さんインタビュー」です。

やらない理由が見つからない

川島氏はインタビューに対して「子育ては日々の成長の発見、PTAはダイバーシティー。育児を通して地域とかかわることはさまざまな経験ができ、ビジネス・スキル向上の絶好のチャンス。やらない理由が見つからない」と語ります。

なぜなら「会社のマネジメント・スキルがそのままPTAのマネジメントに生きるし、逆に、PTAでマネジメントをやっていたことが、会社のマネジメント能力を高める効果も」あるからです。

記事は「男性が真正面から育児に向き合い、『真のイクメン』になれるなら、それは家族や社会にとってメリットがあるだけでなく、男性自身にとっても貴重な体験になるということでしょう」という言葉で締めくくられています。

ツイッター上の反応は・・・

シバニャン THE PTA会長(@ShibanyanThePTA)さんは「やっぱりPTA活動はいい面が大きいと思う」と川島氏の主張に賛同。

一方、一児の父親 エラン(@mt_elan)さんは「性別役割の固定意識を感じた」と発言。川島氏の意見は「男女間の対立を招くだけ」と警鐘を鳴らします。

また、二児の父親 Takuya Y./ベンコフ(@atauky)さんも「マネジメントは『男性』の仕事」と言い切っているように見える、と苦言を呈します。

つぶやき女将(@_go_blank)さんはPTAを中途で抜け出す時に、男女で反応が違うことに対して「理解できない」とコメントしています。

参考サイト

「元祖イクメン」がPTAで鍛えられたビジネススキルとは?NPO法人コヂカラ・ニッポン代表、川島高之さんインタビュー


  • このエントリーをはてなブックマークに追加