生理の悩み

生理のたびに鎮痛剤を服用するのは、身体によくない?

毎月生理痛がひどく、鎮痛剤がないと日常生活が困難だという相談者の方は、母親からあまり薬は飲まない方がよいと言われたそうです。生理の際、薬に頼るのはいけないことなのか、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

鎮痛剤についての相談:「生理痛がひどく毎回鎮痛剤が欠かせませんが、ダメですか?」

23才で出産してから生理痛がひどく、腰周辺が痛くて日常生活に支障をきたすほどです。生理痛に効くという市販薬のバファリンを飲み始め、今では生理の度にバファリンが手放せません。しかし母親に「強い薬だから飲みすぎはよくないし、依存性がある」と言われ、不安になりました。用法・用量を守っていても、毎月飲むのは身体によくないのでしょうか。今は毎月2錠~3錠飲んでいます。(20代・女性)

用法用量を守り、毎月2錠~3錠程度なら問題ないでしょう

バファリンに関しては、飲むとクセになるような依存性はないようです。生理痛の程度は個人差がありますが、あまりにもひどいようなら、一度婦人科の受診も検討してみるとよいでしょう。

バファリンの中身はアスピリンで、習慣性や依存性はないようですし、だんだん効き目が弱くなるということもないでしょう。アスピリンは血小板の凝固を抑制する効果もあり、血栓予防の目的で一生涯毎日飲む方もいるので、1カ月に2錠~3錠のアスピリンは問題ないはずです。(内科看護師)
アスピリン自体は刺激が強く、胃痛や胃潰瘍の原因となるので、バファリンは胃に優しくするため他の薬をコーティングしてあります。人によっては胃腸の不調を感じる場合もあるので、その時はバファリンの服用を止め、内科で相談してください。(看護師)
説明書の注意事項を守り正しく服用すれば、毎月2錠~3錠程度なら心配ないでしょう。しかし鎮痛剤で痛みを抑えても根本的な治療にはならないので、痛みが強くなった原因を病院で調べてもらうとよいかもしれません。(婦人科看護師)
鎮痛剤は、痛くなってきたかなぐらいで早めに飲む方が効果的で、内服する回数も少なくてすみます。たかが生理痛と思っていても別の疾患である場合もあるので、一度婦人科を受診されると安心ではないでしょうか。(婦人科看護師)
バファリンは血管拡張作用があるので、長期間服用し続けるとあざができやすいなどの出血傾向になることも。体調に変化があれば、すぐに服用をやめてください。(婦人科看護師)

腰周辺などを温めると、痛みが和らぐことも

生理が始まったら、身体を冷やさないように血行をよくするとよいそうです。身近にあるもので身体を温め、鎮痛剤を服用しなくても済む方法を探してみるとよいかもしれません。

腰を温めたり安静にしたり、まずは飲まずに痛みを抑える方法を模索してはいかがでしょうか。強い薬は胃があれたりするので、空腹時を避けて食後に服用し、次回の服用まで6〜8時間程度は間隔をあけましょう。(婦人科看護師)
身体を温め血行をよくするため、腹巻や使い捨てカイロなどを腰や下腹部にあてるのもよいです。またホットココアや生姜湯などは、身体の中から温まりますよ。(産科看護師)

生理痛が重いと毎月憂鬱ですよね。バファリンに関しては、用法用量を守り毎月2錠~3錠程度は問題ないようですが、今後生理痛が更にひどくなるなら、一度婦人科の受診も検討した方がよいかもしれません。


2014/12/01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)