産後ダイエット

2014/07/15

産後すぐに体重を戻すべき?それとも安静にすべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後すぐに体重を戻すべき?それとも安静にすべき?

赤ちゃんが生まれたら太ってしまった体重をもとに戻したい…と思っている妊婦さんは大勢いらっしゃるのではないでしょうか。医療・ヘルスケアの専門家に悩みを相談できる「なるカラ」にも、もうすぐ出産をひかえた妊婦さんから産後ダイエットの相談が寄せられました。

妊婦さんからの相談:「体に負担のない、正しい産後ダイエットの時期と方法を教えて!」

「産後は半年以内に体重を戻したほうがいい」「産後半年はあまり運動をしてはいけない」などなど、産後ダイエットについて正反対の意見を耳にすることがあります。どちらが正しいの?と悩むプレママに看護師さんからアドバイスがありました。

もうすぐ出産を迎えます。妊娠中に体重が10Kgも増えてしまいました。そのため、産後はダイエットを頑張るつもりです。友人から「半年以内に体重を戻さないと戻りにくくなる」と教えてもらったのですが、「産後半年は子宮の筋肉も弱っているためあまり運動などしてはいけない」という記事を雑誌で見つけました。どちらが正しいのかわからず、産後ダイエットに不安を感じています。どうしても元の体重に戻したいので、産後の体に負担のかからないダイエット方法を教えてください。

「産後半年」にこだわらなくて大丈夫!

体重の戻りが悪くなるから急いでダイエットしたほうがいいのか、その時期は安静にしているべきなのか?…この悩ましい問題について助産師さんは「産後半年にこだわる必要はありません」と言っています。

個人差はありますが、産後半年以上たつと体重の戻りが悪くなることはありません。また「産後半年は子宮の筋肉が弱って…」ということも必ずしもそうとはいいきれません。(助産師)

正しい産後ダイエットとは?

それでは、体に負担をかけない正しい産後ダイエットにはどんなものがあるのでしょうか?産後ダイエットに不安をもつ多くのママをみてきた看護師さんから「母乳育児や産褥体操を心がけてみて!」との助言がありました。

「母乳育児」がダイエット代わりになります。最初はあまり母乳は出ませんが、続けていくと徐々に出るようになります。母乳は脂肪からも作られているので、母乳育児をすることで無理なく脂肪を消費できます。(助産師)
「産褥体操」が効果的です。産後の子宮は約6~8週間かけて妊娠前の状態に戻っていきます。この時期はまだ出血していたり、初めての子育てで寝不足や疲れがありますので無理な運動は避けたほうがいいでしょう。そのため、寝ながらできる産褥体操を無理のない範囲でやってみましょう。(助産師)
産後は骨盤がゆがみやすいので、骨盤ベルト等で骨盤のゆがみを矯正すると下腹が出にくくなっていきます。(助産師)
産後、適切な食事をとることが大切です。どれだけ母乳育児や運動をしていても、高カロリーのものを食べていると体重は戻りにくいです。和食を中心にし、体を冷やさないような温かい食べものを選ぶとよいでしょう。(助産師)

多くの妊婦さんは赤ちゃんを産んでも出産前の体型を維持したいと思っています。そのためには、噂に惑わされない、正しい知識を身につけることが大切です。無理せず、素敵な体型を取り戻しましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加