お腹の張り

2014/12/06

現在妊娠中ですが「お腹が張る」ってどんな感じ?

この記事の監修/執筆

産婦人科専門医/女医+(じょいぷらす)川崎 薫

現在妊娠中ですが「お腹が張る」ってどんな感じ?

妊娠7カ月の相談者の方は、お腹が張るというのがどんな感じなのかよくわからないと言っています。「お腹が張ったら安静に」と病院から言われるのですが、具体的にはどういう症状なのか、産婦人科専門医の川崎先生に聞いてみました。

妊婦さんからの相談:「お腹が張るって、具体的にはどんな感じなの?」

現在妊娠7カ月でまだ仕事をしていますが、もうすぐ退職予定です。先日健診の際先生に「お仕事中、お腹が張ったら無理せず座ったりしてくださいね」と言われましたが、今までトラブルらしいこともなく順調だったので「お腹が張る」ということがイマイチわかりません。お腹が張るとはどういった感じなのか、またお腹が張ると休まなくてはいけないということは、赤ちゃんに負担がかかってしまうのでしょうか。(30代・女性)

下腹部が突っ張ったように、固く感じることが多いようです

お腹が張るというのは、子宮が収縮することでお腹がキュッと硬くなったり、突っ張ったように感じる症状のことです。妊娠中は軽い運動はよいですが、できるだけお腹の赤ちゃんに負担をかけないような生活を心がけましょう。

お腹が張るというのは、お腹を触るといつもより硬くなっていたり、動いている時に下腹が重く突っ張っているように感じる症状で、軽い痛みが生じます。子宮収縮だけではなく、子宮を支えている靭帯が引っ張られたり、腸の動きや皮膚のつっぱり感も原因となるようです。
お腹が張るというのは、お腹に突っ張ったような違和感があることを言い、便秘や食べ過ぎなどでお腹がパンパンになり苦しい時と似た感じかもしれません。出産日が近くなれば、陣痛を誘発するために軽い運動や散歩を勧められると思いますが、それまでは体の負担になるような運動は控え、赤ちゃんが安心してお腹で過ごせるようにしてあげてください。

お腹が張ったら、しばらくの間安静にしましょう

お腹が張った時は、椅子に座る、横になるなどできるだけ安静にした方がよいでしょう。張りが長く続いたり、回数が頻繁な場合、痛みが強いときは、病院を受診して担当医に診てもらいましょう。

赤ちゃんの胎動によって感じる一時的なお腹の張りは問題ないですが、持続するとそのまま陣痛に繋がる可能性があります。出産予定日よりかなり早く生まれた赤ちゃんは、未熟児であったり身体に障害がでる可能性もあるので、出産日まで期間がある場合は陣痛を誘発しないよう、お腹が張ったら安静に過ごすようにしましょう。
お腹の張りが以下のような場合は、医師に相談が必要です。
・安静にしても張りが治まらない。
・張りが続きお腹が痛い。
・出血がある。
・立っていられないほど痛い。
・赤ちゃんの動きを感じにくくなった
便秘で排便時に強くいきむという方は切迫早産にも繋がるため、水分摂取や食事の見直しも必要です。医師に相談して下剤を処方してもらうことも可能なので、早めに対処した方がよいでしょう。

子宮の収縮などが原因で、お腹が硬くなったり突っ張るように感じることが「お腹が張る」ということだと、産婦人科専門医の川崎先生は説明しています。お腹に張りを感じた時は、無理をせず安静に過ごすようにしてください。安静にしても張りが治らない場合や、痛みが強い場合はかかりつけの産婦人科を受診しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加