話題・時事ネタ

JAL 妊娠・出産のライフステージに合わせたサポートを開始

FLY ONステイタス向けの新サービス

JALは、2016年5月25日、利用客のライフステージに合わせたサポートをするため、新たなサービスとして、出産後の一定期間に上級ステイタスを提供すると発表しました。

同社では、JALグループ便などの利用回数が多い搭乗者に対し、搭乗ごとのマイルアップボーナスや空港ラウンジの利用が可能なプログラム、FLY ONステイタスを用意しています。

妊娠や出産というライフステージを迎え搭乗する機会が減少すると、FLY ONステイタスは失われますが、新たなサポートサービスで、子供の誕生時にJALマイレージバンク(JMB)のFLY ONステイタスをもつ利用者は、JMBクリスタルを保有できます。

申請期間は子供が2歳となる月末まで、保有期間は申請した年度の3月末までの最長12カ月です。

妊娠時や赤ちゃんとの搭乗時にもサポート

提供されるサービスは、国内線(クラスJ)ではJALグローバルクラブカウンター、国際線ではビジネスカウンターを利用できる他、羽田空港国内線サクララウンジ専用クーポンのプレゼントや国際線での優先搭乗、国内線(クラスJ)の到着空港での手荷物の優先引き渡しなどです。

妊娠時の搭乗の際には、国内線での座席指定や事前改札が可能な「ママおでかけサポート」とJALオリジナル「マタニティマーク・タグ」をFLY ONステイタスをもつ利用者から抽選でプレゼントされます。

赤ちゃんとの搭乗の際には、チャイルドシート貸出やインターネットでの座席指定など、設定されたさまざまなサポートを利用できます。

参考サイト

JAL プレスリリース

JALのサポートサービス


2016/05/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部