生理

2016/06/08

卒乳すれば生理不順は解消されるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

卒乳すれば生理不順は解消されるの?

授乳は産後の生理に影響する要因の一つです。2人目の妊娠を希望しているママから、授乳と生理不順の関係について相談がありました。看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「2人目妊娠を希望していますが、生理不順で妊娠できるか不安です」

2人目妊娠希望の29歳です。1人目はもう2歳ですがまだ卒乳できておらず、夜中や機嫌が悪いときはまだ授乳しています。そのせいなのか、生理は再開したものの生理不順に悩んでいます。生理不順のため性交渉のタイミングをとれず、妊娠できるのか不安です。卒乳すれば自然と生理不順は解消するのでしょうか。できれば断乳ではなく、私たち親子の良いタイミングでの卒乳を目指したいのですが、気持ちが焦ってしまいます。(20代・女性)

授乳以外に、ストレスなども生理不順に影響

授乳だけでなく、ストレスも生理不順に影響を与えるようです。産後の生理不順のメカニズムについて教えてくれました。

おっしゃるように、お子さんから離れていく卒乳が理想です。卒乳すれば徐々にホルモンバランスが整い、生理不順は改善されるかもしれませんが、産後の生理不順は育児による睡眠不足やストレス、不規則な生活などでホルモンのバランスが崩れやすいのも原因のひとつです。産後の生理不順が続く時期は身体を休める時期と捉えられますが、産後2年を経過しているので、一度ホルモン検査を行った方がいいかもしれません。(産科・婦人科看護師)
卒乳は焦らず親子のタイミングで進めていけばいいと考えます。卒乳してから約2カ月後から3カ月後に生理は再開しますが、6カ月経って生理が再開する人もいるように、個人差があります。また、授乳が頻回だと生理の再開も遅れがちになります。(一般内科看護師)
産後や授乳中は生理不順に悩まされるママもいますが、これはプロラクチンとよばれるホルモンが関係しています。授乳中はプロラクチンというホルモンが分泌され排卵を抑える作用があるためです。母乳を止めることによりプロラクチンの分泌が減少して生理が再開します。現在も夜間授乳中ということで不規則な生活から生理不順になっていると考えられます。(一般内科看護師)

ストレスをためない生活を

規則的な生活とバランスのよい食事を心がけ、ストレスをためずに過ごすようアドバイスがありました。

小さいお子さんがいて大変でしょうが、できるだけ規則的な生活で、眠れるときは、しっかり睡眠をとるようにしてください。湯船につかったり、適度な運動で血行をよくし、身体を冷やさないようにしてください。お子さんと散歩にいったり、一緒に美味しい物を食べたりして、ストレスをためないようにしてください。(産科・婦人科看護師)
生理が再開しても育児や家事のストレスが原因で生理不順になることはあります。規則正しい生活や栄養バランスのよい食事などを心がけるとよいでしょう。妊娠できるかどうか心配することもストレスとなるので、自然な流れで今まで通り性行為を行えば良いのではないでしょうか。(一般内科看護師)

授乳中に分泌されるホルモンやストレスなどが、生理不順の原因になるようです。授乳を終えれば次第に生理不順も解消されるでしょう。生活面では、規則的な生活とバランスのよい食事、ストレスをためないよう心がけてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加