生理不順

2014/12/07

生理期間が短く、妊娠への影響が不安です。

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生理期間が短く、妊娠への影響が不安です。

理痛や生理周期、経血の量など、多くの女性が生理について悩んでいます。生理期間が短かく経血量も少ないため、将来の妊娠に影響がないか不安な女性からの相談に、看護師さんや薬剤師さんたちはどのように答えているでしょうか。

相談:「生理期間が短く、量も少ないです。妊娠しにくいなどの影響はありますか?」

生理の日数が2、3日と短く、出血量も少ないです。10代のころから4、5日程度で生理は終わっていましたが、20代後半から徐々に出血の量が減ってきています。 腹痛など生理に伴う症状もなく楽で良いのですが、あまりに量が少ないような気がして気になっています。将来的に子供が欲しいと思っていますが、妊娠しにくいなどの影響はありますか?今すぐの妊娠を望んでいるわけではありませんが、早めに受診したほうが良いでしょうか?(30代、女性)

現在の月経期間と量は、特に異常な状況ではありません。

月経期間と量には個人差があり、相談者の方の現状は異常な状況ではなく、今すぐに受診が必要ではないと教えてくれました。

月経の期間が2、3日で、出血も少ないということですが、それ自体は異常なことではないと考えます。月経の期間、出血量、症状は個人差があり、今の相談者さんは生理痛も楽なようですので、どちらかというと安心して良いでしょう。ちなみに、私も相談者さんと同じような生理ですが、特に異常はありませんでした。(助産師、産科・婦人科看護師)
現在の生理の症状だけをお聞きすると、すぐに病院にかかって検査しなければいけないという状況ではないと考えられます。(助産師、産科・婦人科看護師)

生理に限らず、女性の身体について不安があれば婦人科を受診してみて。

妊娠のしやすさは、生理の状態だけでは判断できません。妊娠を希望していて生理に不安があるのであれば、一度婦人科を受診してみるようアドバイスがありました。

生理に限らず、女性の身体のことで気になる事がある場合は、早めに婦人科に受診する事をおすすめします。もしかしたら、女性ホルモンが乱れていたりするかもしれません。将来妊娠を希望されているのであれば、今のうちに、しっかり身体を整えておくと良いでしょう。 受診する時は、婦人科に電話して簡単に症状を伝えて、受診の時期を聞いてみてください。検査によっては、生理後何日以内にやったほうがいいなどあります。(薬剤師)
今後、妊娠をご希望であれば、生理の出血量減少が気になった今回をきっかけに、一度産婦人科で検査することをおすすめします。何もなければ一安心ですし、もしホルモンのバランスが少し崩れていても、今で気づくことができれば、いざ妊活を始めたときに安心して赤ちゃんをつくる準備ができます。月経外来専門の病院も増えてきました。事前にいろいろな病院を調べて、希望にあった病院を受診してみてください。(助産師、産科・婦人科看護師)

女性の身体のことで不安なことがある場合、婦人科を受診することで身体の状態を把握することができ、将来のために身体を整えることが可能なようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加