おりもの

気になるおりもののにおい!どうしたら少なくできる?

おりもののにおいが気になっておりものシートを使用しているものの、根本的な解決方法はないのでしょうか。おりもののにおいに悩む20代女性に対し、看護師さんたちが答えてくれました。

20代女性からの相談:「おりもののにおいが気になります」

一昨年から生理後のおりもののにおいが気になっています。何かに感染したのかもと思い婦人科を受診すると、病気ではなく雑菌が入った可能性があるということで、薬を処方してもらいました。その際、気にしすぎの可能性もあると医師に言われましたが、現在も月によって気になる時があります。おりものシートを、においが気になったら取り替えるようにしていますが、何か根本的な解決方法はありませんか?(20代女性)

おりものは通常すっぱいにおいですが、いろいろな要因で変化します。

「おりものは酸性なのですっぱいにおいがすることがふつうです」と看護師さんが教えてくれました。その他、食べものやストレスなどによってもにおいは変化するとのことです。

おりものの量は一般的に排卵日(生理から約2週間後)に多くなるので、量の増加と共ににおいもきつく感じられるかもしれません。おりものは酸性なので、においとしてはすっぱいにおいが通常です。(産科・婦人科看護師)
おりものも含め、身体から出る体臭は、普段食べている食べ物によっても左右されます。普段から脂っこいものや乳製品ばかりを多くとっていると体臭がきつくなったり、逆に食物繊維などを多く含む野菜中心の生活をしていると無臭に近くなったりします。(産科・婦人科看護師)
おりもの自体は、身体が疲れ気味のときや季節の変わり目(体調の変化)でも変化します。気にしすぎて膣の中をきれいに洗うなどすると必要な菌まで取り除いてしまい、逆によくないこともありますから気をつけてください。(管理栄養士)
普段の生活ではストレスを溜めないようにしましょう。また、性交後は局部を清潔にするようにしましょう。(管理栄養士)

おりもので気になることがある時は婦人科を受診しましょう。

「相談者の方はおりものの変化に気づいた時にすぐに婦人科を受診しています。これはとても大切なことです」と看護師さんは言っています。また、おりものシートをこまめに替えることは局部を清潔に保つので悪いことではないとのことです。

おりものは女性の身体の変化を表す大切なサインなので、何か変だなと思った時は遠慮せずにどんどん専門家に相談することが大切です。(産科・婦人科看護師)
相談者の方の場合、繁殖した雑菌の量がおさまれば自然とにおいも改善してきます。おりものシートをこまめに交換することは雑菌の繁殖を防いでくれますので続けましょう。そして、おりものの量や性状に変化があった場合は、再度受診することをおすすめします。(産科・婦人科看護師)

おりもののにおいは他人と比べることができない分、気になるものです。おりものについて疑問や不安があったら、恥ずかしがらずに婦人科を受診するのが一番の早道のようです。


2014/12/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)