新生児・乳児のお世話・トラブル

2016/06/14

9~10カ月健診ってなにやるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

9~10カ月健診ってなにやるの?

生後9~10カ月に行なわれる健診。この健診では、どんなことを診てもらうのでしょうか?わからない方も多いかと思います。そこで今回は、9~10カ月健診についてまとめました。健診に行く前の持ち物チェックにも役立てていただけます。ぜひ、参考にしてくださいね。

■9~10カ月健診は何を診るの?

9~10カ月健診では、はいはいやつかまり立ちの姿勢をチェックします。はいはいの速さはどうか、両脇を支えて立たせたら足を伸ばして立とうとするかどうかなどを診ます。また、小さなものでも指先を使ってつまんで持つことができるかどうかや、パラシュート反応があるかどうかも併せて診ます。パラシュート反応とは、両脇を支えて赤ちゃんを持ち上げ、急に前に体を傾けた時に、体を支えようと両腕が前に出る反応のことをいいます。この反応は転んだ時に頭や顔を打たないようにするための本能的なものです。

他にも、周りのものに対して関心を示しているかどうか、視線が合うかどうかといったこともチェックします。離乳食もこの時期になると2~3回となるため、進み具合の確認なども行ないます。予防接種の進み具合の確認が行なわれることもありますので、しっかり確認しておきましょう。

■健診日の持ち物、準備について

送付された問診票があれば、当日までに記入しておきましょう。また、質問したいことや気になることなどがあればメモに書き留めておき、当日すぐに聞くことができるようにしておくことも大切です。

当日は時間がかかってしまう場合もあるので、オムツは3~4枚多めに準備し、念のため着替えも持参するようにしましょう。また、ミルクや麦茶などの飲み物や、赤ちゃんが好きなおもちゃがあるといいでしょう。健診は、前あきの服装など、脱ぎ着しやすいもので行くようにすることも忘れずに。

このように、9~10カ月健診では、はいはいなどの運動機能についてチェックされます。歯の生え具合や視線が合うかどうかに加え、離乳食の進み具合や日常の様子なども確認されますので、何か聞きたいことや不安なことがある場合は、事前に何を話したいのかをまとめておくようにしましょう。また、当日は健診の際に脱ぎ着がしやすいよう前あきの服装を選ぶようにし、時間に余裕をもって家を出るようにしましょうね


  • このエントリーをはてなブックマークに追加