身体の発達

2016/06/14

9~10か月の赤ちゃんの発育・発達ポイント

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

9~10か月の赤ちゃんの発育・発達ポイント

9~10か月の赤ちゃんはどのくらい成長し、どんなことができるようになるのでしょうか?今回は、9~10カ月の赤ちゃんの成長についてご紹介したいと思います。赤ちゃんの成長には個人差があるので、あくまで目安になりますが、参考にしてくださいね。

9か月の赤ちゃんの発育・発達について

9か月になると、男の子は身長が67.4~76.2cm、体重は7.2~10.4kgほどになり、女の子は身長が65.5~74.5cm、体重は6.7~9.9kgほどにまで成長します。

おもちゃだけではなく、部屋の中にあるものすべてに興味をもち、一人で遊ぶことができるようになります。特にティッシュの箱からティッシュを引っ張り出す動作はみんな大好きです。この頃になると指先が器用になり、小さなものもつまめるようになるので、口に入れると危ないものは床や手の届く範囲に置かないように気を付けましょう。

また、この時期になると、お母さんの姿を探し、後を追うようになります。これを「後追い」と言います。後追いは、赤ちゃんがお母さんを特別な人であると認識した証拠です。

10か月の赤ちゃんの発育・発達について

10か月になると、男の子は身長が68.4~77.4cm、体重は7.3~10.6kgほどになり、、女の子は身長が66.5~75.6cm、体重は6.9~10.1kgほどにまで成長します。

「マンマ」や「タッタッ」といった言葉をしゃべることができるようになります。そして、お母さんなどの言葉を聞き、赤ちゃんなりにその言葉を理解している時期でもあります。どんどん積極的に話しかけてあげましょう。特に動作と一緒に簡単な言葉を使ってあげると赤ちゃんが理解しやすくなります。

この時期は伝い歩きをし始める赤ちゃんや、もう少しでひとりで立てそうな赤ちゃんなど、成長に個人差があらわれます。また、この時期の赤ちゃんは、昨日までできなかったことが今日できるようになったりすることが多く、どんどんできることが増えていきます。

生後9~10か月の赤ちゃんは毎日いろんなことができるようになる時期です。さまざまなものに興味をもち、ハイハイで自由に動き回るので、部屋にケガをしそうな家具はないか、口の中に入りそうな小さなものが床に落ちていないかなど、常に気を付けておく必要があります。また、記憶力がついてき始め、「いないいないばあ」が楽しくて仕方がない時期でもあります。遊びながらどんどん言葉を話しかけてあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加