月経前症候群・PMS

2016/06/23

産後に現れたPMS症状…改善するにはどうすればよい?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後に現れたPMS症状…改善するにはどうすればよい?

女性にとって辛い月経前症候群(PMS)。今回の相談者の女性は、出産後にPMSの症状が毎月現れるようになり、めまいや頭痛に悩んでいます。よい改善法はあるのか、専門家たちのアドバイスを見てみましょう。

30代女性からの相談:「月経前症候群による症状を改善したい」

産後3年頃から月経前症候群と思われる症状に悩んでいます。具体的な症状は、排卵期のめまい、吐き気、頭痛、腹痛、及び生理中の頭痛です。そのときによって重さや症状が1つまたは複数あるときなど異なります。寝込むほどではないのでこのまま付き合っていくしかないと思うものの、毎月のことなので改善できるものならばどうにかしたいです。漢方など、日常的に摂取したらよいものなどがあれば教えてください。(36歳・女性)

PMSの症状について

症状の現れ方に個人差はありますが、相談内容からPMSとみてよいでしょう。

PMS症状は生理開始の約3日〜10日前から起こるもので、イライラしたり落ち込んだり頭痛や乳房の張りなどの症状がみられます。原因はまだ解明されていませんが黄体ホルモンや卵胞ホルモンが関係しているといわれています。(一般内科看護師)
症状の出方は人それぞれで一概にはいえませんが、PMSの症状であると思ってよさそうです。毎月のことですし、その症状が出るのも1日や2日間程度ではないのかもしれません。症状が人それぞれなように、PMSの改善方法・効果がある方法も個人差があるようです。(産科・婦人科看護師)
PMSは病気の1つですのでもちろん病院を受診すれば適切なアドバイスや個人にあった対処法を教えていただけます。辛いPMSですので、一度病院に相談されてはいかがでしょうか。(産科・婦人科看護師)

お勧めの食品と漢方

PMSの症状を和らげるとされる食品や、生理前に摂取を控えたほうがよいものもあります。漢方は症状に合ったものを医療機関で処方してもらうようにしてください。

大豆や豆乳に含まれているイソフラボンは、エストロゲンというホルモンに働きかけ症状を緩和してくれます。緑黄色野菜や海藻類、玄米や全粒粉パンなどもおすすめの食品です。またハーブティーではレッドクローバーやラズベリーリーフティーが効果があります。(一般内科看護師)
PMS症状に効果的な漢方も数種類あるので、漢方に詳しい医療機関などで処方してもらうとよいでしょう。生理前には症状が強く出ないように睡眠や休息をしっかりとったり、乳製品やビタミン、ミネラル類の摂取、アルコールやタバコ、カフェインを控えましょう。(一般内科看護師)
漢方薬を服用することで症状が落ち着く人もいますが、漢方薬の内容も症状に合わせて医師に選んでもらったほうがよいでしょう。誤った漢方を服用すると体調が変わってしまうことが考えられます。漢方薬以外にもピルの服用で落ち着くという人もいます。(産科・婦人科看護師)

相談内容の症状から、PMSと考えてよさそうです。PMSは食生活の改善や漢方で症状を和らげることも可能ですが、効果の現れ方は個人差があるため、漢方服用の際は医療機関に相談されることをお勧めします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加