つわり

2016/06/27

止まらない咳で吐き気も悪化…いつになれば咳が治まるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

止まらない咳で吐き気も悪化…いつになれば咳が治まるの?

吐きづわりと同時に始まったしつこい咳。咳が吐き気を増幅し、夜もよく寝られない状態です。吐きづわりが治まった今も咳が治まらず、不安に感じているという相談に対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

プレママからの相談:「妊娠初期から続く咳について」

妊娠初期から吐きづわりがひどく、同時に咳も出ます。特に夜は咳と同時に吐き気が増し、なかなか眠れない状態でした。産婦人科の先生に相談して咳止めの薬を3週間ほど飲んでいた間は夜も眠れていたのですが、薬を飲み終わるとまた同じ状況に。妊娠18週目頃に吐きづわりは落ち着いたのですが、咳は24週目の今もなかなかとまりません。以前ほどではないものの、夜には咳の反動で吐くことも。出産が終われば咳もおさまるのでしょうか。(20代・女性)

咳ぜんそくや逆流性食道炎の症状かもしれません

咳が長期間続く原因として、咳ぜんそくが考えられるとのこと。放置すると気管支ぜんそくに移行する可能性があるため要注意です。また、妊婦さんに多い逆流性食道炎の症状である可能性も考えられるようです。

咳が数週間続くのは妊娠による影響というよりは、慢性的な非感染性の病気が考えられます。咳が長く続く症状に咳ぜんそくがあります。咳ぜんそくは、乾いた咳が3週間以上続くもので放置すると気管支ぜんそくになる恐れがあります。原因としては花粉やダニ、埃などのハウスダスト、タバコの煙や気温の変化によって症状が起こります。咳ぜんそくの場合、夜間や朝方に症状がひどくなる傾向があります。(内科看護師)
咳ぜんそくは気管支ぜんそくにみられるようなヒューヒューといった呼吸音は聞かれないのが特徴です。気管支ぜんそくになる前に一度呼吸器科を受診して検査をして詳しく調べてもらうとよいでしょう。(内科看護師)
そのほか逆流性食道炎も、胃液が食道に逆流して咽頭部を刺激することから咳が起こります。特にベッドで横になっているときに、胃酸が食道上部の咽頭部を刺激して咳が起こります。内科看護師)

専門の医師の診察を求めるのがベターです

産婦人科の先生は、あくまでも産婦人科のエキスパート。咳のことに関して長期に解決がみられず心配なら、呼吸器科や消化器内科などの専門外来を紹介してもらうのが賢明かもしれません。

咳が続いているのは、何かしらの呼吸器疾患、あるいは逆流性食道炎などがあるの可能性も否定できません。産婦人科の先生も医師ですが、専門科以外のことはじつはあまり知らない・覚えていないのです。言いにくいかもしれませんが、かかりつけの先生に「呼吸器科や消化器科にかかってみたほうがよいか」と相談されてみてはいかがでしょうか。(看護師)
現在かかっている産婦人科から専門外来を紹介してもらってもよいでしょう。(内科看護師)

長期にわたり咳が続くのは、咳ぜんそくや逆流性食道炎の症状である可能性があります。放置せず、その道の専門である呼吸器科や消化器内科などの診察を受けることを検討するのがよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加