陰部のトラブル

2015/01/05

気になる陰部の臭い。毎日ちゃんと洗っているのに何故?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

気になる陰部の臭い。毎日ちゃんと洗っているのに何故?

私たちの身体は毎日汗や皮脂などを分泌しているため、それに伴う臭いが気になるという人も中にはいるかもしれません。今回は、女性のデリケートな部分である陰部の臭いについての相談に、看護師さんたちが答えてくださいました。

陰部の臭いについての相談:「毎日洗っても陰部が臭うのですが、体質なの?」

陰部についてですが、毎日お風呂に入り普通に洗っているつもりでも、何故か臭いがきついです。付き合っている人に指摘されたことがあり、更に気にするようになりました。元々の体質なのかもしれませんが、この臭いが少しでも軽くなるよう、日々の生活の中で気をつけることがあれば教えてください。(20代・女性)

おりものの形状など変化があれば、婦人科の受診を検討しても

おりものが多い・色がついているなどがあれば、臭いの原因を調べるためにも婦人科を受診した方がよいかもしれません。特に異常がなければ、こまめにビデなどで洗浄して清潔を保ち、しばらく様子をみてはいかがでしょうか。

臭いだけでは原因がわからないことがあるので、おりものが多い・色がついているなどがあれば、産婦人科を受診した方がよいでしょう。トイレのビデなどで洗う回数を増やすと、臭いを和らげることができるかもしれません。(内科看護師)
臭いの原因を知るため、婦人科の受診は必要かもしれません。特に問題がなければあとは常に清潔を意識し、体臭はホルモンバランスでも変化するため、ストレスの少ない規則正しい生活とバランスのとれた食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。(薬剤師)
陰部の臭いは、にんにくなどの臭いの強い食べ物を食べた時や汗をかいた時、生理中や体調が悪い時などに強くなる傾向があり、こういう場合、生理の経血や汗をシャワーなどで洗い流したり、ゆっくり休んで体調を整えるなどである程度解決できることもあります。(婦人科看護師)
おりものの量が多い・色が黄色や褐色っぽい・カッテージチーズのようにポロポロとしているような場合、性感染症や細菌による炎症の可能性もあるので、病院受診をした方がよいでしょう。また臭いが気になるあまり洗浄力が強い石鹸などで洗うと、皮膚を守る常在菌を洗い流してしまって雑菌が繁殖し、更に臭いがきつくなることがあります。膣の中にも膣内環境を整える善玉菌があり、これも洗い流してしまうと雑菌が繁殖しやすくなります。(婦人科看護師)

陰部が臭うのは「外陰部臭症」である可能性も

外陰部臭症というのがあり、これは体内にあるアポクリン腺からの分泌物が皮脂などと混ざり臭いを発するもので、近年では専門に診る病院も増えてきたようです。

ワキガと同じ原理で陰部が臭う外陰部臭症というのがあり、陰部にあるアポクリン腺から分泌された汗と皮脂腺から分泌された脂肪が混ざり、魚の腐敗した様な独特な臭いを発します。陰毛が長いと陰部が蒸れ臭いが強くなるので適当な長さにカットしたり、下着やおりものシートをこまめに替え、タンポンの使用は細菌が増殖するので避け方がよいでしょう。近年は専門のクリニックが増えているので、調べてみてはいかがでしょうか。(婦人科看護師)

デリケートな部分だけに、とても気になってしまいますね。臭いの原因を知るためにも、一度婦人科を受診してみるとよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加