美容・ダイエット

2014/12/13

忙しいママが旅先や義実家でもできる、年末年始のとっておき美肌エステ

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

忙しいママが旅先や義実家でもできる、年末年始のとっておき美肌エステ

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。
私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

年末年始、実家への帰省や、旅行などをされる方も多いかもしれませんね。

もう、荷造りはできましたか?
自宅を離れるのって、普段でも何かと準備など気ぜわしくなります。

さらにママの場合は、お子さんのお世話もあって、ホントに大変!
自分の時間なんて、いつも以上にありません(泣)

今日は、そんな「究極に時間が無く、手間がかけられない時」でもできる、
ママのための美肌エステをお伝えしちゃいます。

用意するものは、いつもあなたが使っている、化粧水や乳液、美容液、だけ。

美容液なんて使う暇ない!という方は、もちろん要りません。
本当に、いつも使っているものだけでいいのです。

多くの人は、朝と夜、顔を洗って、化粧水や乳液をつけると思います。

いや、昼も洗う、とか、朝はお肌のために洗顔しない主義です、とかであれば、
もちろん、そこを変える必要はありません。

いつもの自分のスタイル、そして自分が使っているモノだけで、できます。


顔を洗って、たとえば最初に化粧水をつける方なら、化粧水をつけます。

この、つけるときがポイントで、化粧水を一通りつけ終わったら、
手のひら全体で、顔をやさしく包んであげます。

そのまま、3秒。顔を覆ったままにします。

その時に「きれいになあれ♪」と心の中でつぶやくだけでOK!

つぶやく言葉は、きれいになあれ、でなくても、かわいくなあれ、つやつやになあれ、 明るくなあれ、プラスの言葉なら何でも大丈夫です。

人間は動物であり、生命体なので、体から本当に微量のエネルギーを発しています。

これはオカルトな話ではなくて、猫が自分のひげで、道の幅を感知するのと変わりません。
人の気配、とかお手あて、とか何気ない日常にも、その気を利用する場面がたくさんあります。

だから、毎日の日課である、顔を洗って整える、という作業の中に、自分を愛する時間を 少しだけ組み込んであげるだけでも、肌や顔立ち、意識が変わってくるのです。

化粧水の次に乳液をつける方であれば、その時にも、もし美容液もつける方であれば、 さらにその時にも。

1日2回顔を洗うとして、化粧水と乳液、2回分これをやると、毎日4回。

1年にしたら1460回も、あなたは自分に魔法がかけられるのです。

1回ずつは大したことが無いことでも、積み重ねると大きな結果が出ます。
ウソでしょ~!と思う方も、まずは2週間、試してみてください。

1月の成人式のころ、お子さんや旦那さんに、「あれ、なんかママ、きれいになった?」 なんて言われたら、嬉しくありませんか?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加