妊娠検査薬のタイミング

2016/06/20

妊娠検査薬はいつから使えるの?正しい利用方法とは

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠検査薬はいつから使えるの?正しい利用方法とは

妊娠を期待している人にとっては、妊娠をできるだけ早い時期に知りたいもの。妊娠検査薬はいつから使えるのでしょうか。

妊娠検査薬はいつから使えるのか

妊娠検査薬は妊娠によって排出される、hCGというホルモンに反応するものです。そしてこのhCGが排出されるのは受精卵が着床して3~4日とのこと。ただし市販妊娠検査薬は尿の中にhCGの数値が50mIU/mL以上にならないと陽性にはなりません。

そのため妊娠したタイミングですぐに陽性になるわけではなく、少々のタイムラグがあるので注意しなければなりません。大体次の生理の予定日の1週間前から、ある程度正しい結果が出ると言われています。

しかし次の生理の予定が正しいとは限らないので、多少のズレがあります。そのためあまり早いタイミングでの検査は、陽性であっても陰性と出てしまう可能性があることも知っておきましょう。

妊娠検査薬で分かること

妊娠検査薬で分かることは、単なる正常妊娠とは限りません。また検査のときに着床してから排出される、hCGというホルモンの分泌が少ないタイミングなら陰性になることもあります。そのため、早過ぎる検査では確実性はないとも言えます。

陽性になったときはどのようなことが考えられるでしょうか。まず、正常妊娠の他にも子宮外妊娠、閉経期、流産、中絶直後、不妊治療などによる性腺刺激ホルモン剤を摂取しているとき、糖尿、蛋白尿、血尿、卵巣癌、絨毛癌、肺癌などの場合も陽性になります。

また陰性になったときの可能性としては、当然妊娠していない場合がありますが、他にも妊娠の超初期、尿中hCGホルモンが異常に増えた場合などがあります。

妊娠検査薬はあくまでも参考として

このように妊娠検査薬の確実性は高いものの、絶対ではありません。そして妊娠していると思っても、異常の有無までは分かりません。そのため妊娠検査薬だけを頼っていると、早めに必要な治療などが遅れてしまうこともあるのです。

そのため陽性であればもちろんのこと、陰性でも生理が来ないというときなどは医師の検査をきちんと受けることが大切です。子宮外妊娠などは妊娠初期でも危険な状態になることがあります。妊婦の生死にもかかわることなので、おかしいと思ったら妊娠検査薬の結果にこだわらずに病院に行くことが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加