妊娠検査薬のタイミング

2016/06/20

フライング検査!早期妊娠検査薬はいつから使っていいの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

フライング検査!早期妊娠検査薬はいつから使っていいの?

早期妊娠検査薬とは、生理開始予定日から妊娠を検査することができます。生理開始予定日一週間後からしか検査ができない妊娠検査薬がほとんどですが、早期妊娠検査薬を使うことで早めに妊娠が分かるメリットがあります。

早期妊娠検査薬ってどのようなもの?早めに妊娠がわかる?

早期妊娠検査薬は通常よりも早く妊娠判定ができる検査薬のことです。そもそも妊娠検査薬とは、受精卵が子宮内膜に着床し、妊娠を継続させようとして出るホルモン、通称hCGの濃度で測ります。妊娠すると排卵後10日後から尿中のhCG濃度が増加します。

日本で市販されている通常の妊娠検査薬は、hCGの検出基準値が50IU/ml以上ですが、早期妊娠検査薬は25m IU/mlから妊娠検査が可能になります。

そのため、着床後比較的すぐである生理予定日2~3日前から妊娠反応が出る人もいます。

早期妊娠検査薬はどうやって検査をするの?

早期妊娠検査薬はコントロールラインとテストラインという二つのラインがあり、そちらで妊娠反応を検査します。陽性の場合は、コントロールライトテストラインの両方にカラーの線が浮かび上がります。陰性の場合は、コントロールラインにのみ線が現れ、検査薬の不良などで無効となる場合は、どちらにも線が現れません。

尿中にhCGホルモンの増え方にはやや個人差がありますが、生理開始予定日には約半数の人が、生理開始日には8割以上の人が陽性判定が出たというデータもあります。このように、通常の妊娠検査薬よりも少し早い時期に妊娠判定ができる検査薬のことを早期妊娠検査薬といいます。

早期妊娠検査薬はどうやって購入するの?

通常のドラッグストアや量販店などで市販されている妊娠検査薬と違い、早期妊娠検査薬は手に入れるのが大変です。調剤薬局にはおいてありますが、住所や氏名を書いて説明したうえで販売している薬局がほとんどです。そのほかにも、インターネットで購入することができる場合もあります。しかし、日本においては品質や判定結果の精度が保障されていません。ですので、海外の早期妊娠検査薬で結果が出た場合は、もう一度検査薬で調べなおすと良いでしょう。

海外の早期妊娠検査薬は、取り寄せるのに1週間以上かかる場合も少なくありません。取り寄せている間に、妊娠が進んで通常の妊娠検査薬を試せる時期になることもあります。買う時は使い方だけでなく、時期についても注意をすることが必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加