人工授精の基礎

2016/06/20

赤ちゃんが欲しい!人工授精の仕組みと費用について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

赤ちゃんが欲しい!人工授精の仕組みと費用について

赤ちゃんが欲しいと思っても授からない場合、人工授精を考える人もいると思います。人工授精の仕組みと費用について知っておくことで、不妊治療をスムーズに進めることができます。自由診療扱いとなり、保険が適用されないため費用は少し高くなります。

人工授精ってどのような仕組みで妊娠するの?

人工授精とは、女性の子宮内に専用の器具を使って人工的に精子を注入して受精させるという生殖医療技術です。

人工授精を行うには、まずしっかりと排卵日を推測し、そのタイミングで精子を注入できるようにすることが重要です。女性側の検査としては、排卵しているかどうかをしっかりと計算し、女性ホルモンのエストロゲンなどを測定することで正確に排卵日を推測します。そして、排卵日に男性が採取した精子を病院で洗浄し、排卵を判断すると細長いチューブを使って女性の子宮内へと注入します。これが、人工授精の方法です。

人工授精の費用ってどのくらい?

人工授精の費用は1回あたり10000円から30000円が相場になっています。費用に幅があるのは、自由診療になっているからであり、病院が独自に値段を定めることができるからです。だいたい、5回程度行い様子を見て、妊娠しない場合は体外受精など他の方法を試すので5万円から15万円程度かける人が多いです。

人工授精の費用は安ければいいというものではなく、その後の妊娠しやすくするための処置なども病院によって違いますので、しっかりと納得したうえで行うことが必要です。人工授精を行うまでには、排卵の有無や精子の運動量なども検査します。そのため、治療にかかる費用は検査料などを含めると高額になります。

人工授精を行う上で気をつけること

まず、人工授精は極めて自然の妊娠に近い方法ですので、精子や卵子の質がよくなければ成功率も低くなります。特に母体が着床しにくい状態だと意味がありませんので、母体をあたためたり妊娠しやすい、着床しやすい状態にしておくことが必要です。

人工授精は通常、きちんと排卵しているにもかかわらず、精子の運動量が弱い場合に、着床を助ける手段として行うことが多いです。ですので、何度行っても妊娠しにくいといった場合、着床できない原因があるかもしれません。そのため、しっかりと検査をしたうえで行うことが必要です。また、排卵日に合わせて男性の精子を持参しますので、排卵日に合わせて行動することが大事になってきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加