人工授精の基礎

2016/06/20

人工授精で妊娠する確率は何パーセント?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

人工授精で妊娠する確率は何パーセント?

タイミングを合わせて妊娠しなかったら、人工授精に切り替える人もいらっしゃるでしょう。人工授精では、どのくらいの確率で赤ちゃんを授かるのでしょうか?

そもそも排卵日に性交するとどれくらいの確率で妊娠するの?

一番妊娠しやすい日は排卵日だと考えられています。しかし、排卵日であっても妊娠確率は20パーセントから25パーセントくらいです。そのため、排卵日にあわせて性交をしたからといって妊娠するとは限りません。これにはいろいろな要因があります。精子の運動量や卵子の質などもかかわってきますし、高齢になると余計に妊娠の確率は低くなります。さらに生理周期がはっきりしていない人は排卵日を予測するのも困難です。排卵誘発剤で排卵を起こしてタイミングを取っても、妊娠しない人もいます。その場合、人工授精を薦められることがあります。

そもそも人工授精とはどのようなものなの?

人工授精とは、不妊治療の中でも極めて自然妊娠に近い方法です。エストロゲン(排卵周期をつかさどるホルモン)の測定や排卵誘発剤などによって排卵日を算定し、もしくは排卵を起こして、授精しやすい状態にします。排卵日に合わせて採取した精子を洗浄・濃縮し、人工的な機械を使って子宮に送り込んで授精させるという方法です。卵子と精子の質に問題はないのですが精子の運動量が低くて授精できない場合に有効な方法です。そのため、費用も不妊治療の中では手軽なことから、挑戦する人も多くいます。しかし、精子をタイミングよく採取したり、排卵を起こしたりエストロゲンを安定させる注射を行うなど、男女ともに通院が必要になりますので、よく話し合う必要があります。

人工授精で妊娠できる確率はどのくらい?

人工授精1回あたりで妊娠する確率はだいたい5パーセントから10パーセントほどです。その医療機関にもよりますが、一説によると大体9割程度の人が4回の人工授精で授かるといわれています。4回試しても難しい場合は、他に原因があることも考えられ、体外受精を検討する方もいます。しかしながら人工授精でそれだけ妊娠の確率が上がるのも、子宮の状態や精子の運動率などが関係してきますので、全ての人が当てはまるわけではありません。しっかりと検査をしたうえで納得して行うことが必要になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加