人工授精の基礎

2016/06/20

成功率やリスクが知りたい!人工授精の流れについて

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

成功率やリスクが知りたい!人工授精の流れについて

人工授精は排卵日に合わせて精子を子宮に送り込んで授精させる流れです。人工授精に関しては不妊治療では一般的な方法ですが、必ず成功するとは限りません。治療前に成功率やリスクについて知っておくことで、スムーズに決断をすることができます。

人工授精の流れ

人工授精は、女性の排卵日に合わせて採取した精子を特殊な器具を使って子宮に送り込んで授精させる方法です。精子の運動率が低い場合など、器具を使うことにより精子と卵子が出会いやすくするので、授精しやすくなります。

やり方としては、排卵日を基礎体温やエストロゲンの量を測ることによって把握し、採取した精子を器具に入れて女性の子宮に注入するという流れになります。そのため、人工授精の成功率の鍵を握るのが、正確に排卵日を把握しているかということです。排卵日が不定期であるなど、場合によっては経口薬や、ホルモン注射などの排卵誘発剤で排卵を起こしてから行うこともあります。

人工授精の成功率について

人工授精の成功率については5パーセントから10パーセントほどと、あまり高くありません。これは、排卵日に性交渉をしたとしても20パーセントから25パーセントくらいしか成功しないため、簡単には妊娠しづらい人間の身体の機能や仕組みに関係しています。しかし、きちんと排卵日を測定して行った場合、生殖器官に問題がないケースですと、5回目くらいまでに8割から9割の人が妊娠するといわれています。なぜなら最近では技術が発達しているため、運動量の高い精子だけを抽出することが可能だからです。しかし、それでも妊娠できなかった場合、5回目以降は確率が落ちますので、体外授精などにシフトチェンジする方もいます。

人口授精の成功率を上げるためにはきちんと排卵日を測定し、そのタイミングで行うことが重要になります。

人工授精にリスクはあるの?

人工授精は、リスクが少ない不妊治療の一つで、器具を使って精子を送り込みます。しかし、器具による細菌感染のリスクもゼロではありません。最近では医療機関の衛生面はしっかりとしていますので心配はありませんが、自宅で人工授精をするキットなどは衛生面でのリスクがありますので注意が必要です。

人工授精そのものにリスクはあまりありませんが、排卵を調節するための経口薬や、ホルモン注射などの排卵誘発剤には副作用があることもあります。たとえば卵巣過剰刺激症候群といった卵巣が腫れる病気や、妊娠した際に多胎妊娠になるリスクもあります。排卵誘発剤を使用する場合は、リスクについてもしっかりと理解したうえで行うことが必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加