地域情報

2016/06/21

高松市 子育て世帯の引っ越し費用を助成!親との同居を後押し

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

高松市 子育て世帯の引っ越し費用を助成!親との同居を後押し

高松の子育ては親と一緒に

高松市は7月1日より、離れて暮らしていた子育て世帯が親世帯の近くに引っ越す際、引っ越し費用の一部を助成する「子育て世代親元近居等支援事業」をスタートさせます。両親の不在時や緊急事態に対処しやすくなるなど、共働きがしやすくなるようサポートする制度です。

市内の18~50歳の男女を対象にした調査では、男性の約6割、女性の約8割が「子育てする住まいは、自分の親と同居・近居がいい」と回答したとのこと。こうしたニーズから、市は新しい支援事業を立ち上げました。

条件・助成額は?

高松市内で親世帯と同居または同一小学校区内に近居することが条件で、小学生以下の子ども(出生予定含む)がいる世帯が対象です。親世帯が、子育て世帯の近くに引っ越しする場合でも適応となります。

引っ越し事業者の運送費用をはじめとするサービス費用や、不動産業者に支払う仲介手数料および礼金、不動産登記費用が助成の対象となり、対象費用の合計額の2分の1と助成限度額10万円(県外からの転居の場合は20万円)を比較し、低い金額が助成額となります。

受け付けは先着順となり、県内からの転居は50件、県外からの転居は25件までの受け付けになるそうです。住民票の異動後は申請ができなくなるため、転居前での申請が必要。申請書と必要書類を高松市子育て支援課へ持参(郵送も可)しましょう。

参考サイト

高松市 子育て世代親元近居等支援事業


  • このエントリーをはてなブックマークに追加